「 練習方法 」 一覧

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等分する感覚…と書きました。 ホールのケーキを3等分するような難しさ。 生クリームの塗り方

続きを見る

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音符を使っています。 色つき音符は、視覚から入るので、覚えやすいんです(^ ^) 延ばす分

続きを見る

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしかしたら違いがあるかも… 表現に使われる音楽用語は、殆どがイタリア語です。 日本語もそうで

続きを見る

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。 レガートとはイタリア語で、繋がったという意味。 小包を縛るなどもレガートする、と言います。

続きを見る

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音が鳴ります。テンポを合わせるために使う 音楽用具で、 ヨハン・ネポムク・メルツェル(Joha

続きを見る

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑