コード奏法の基本

公開日: : 最終更新日:2015/12/21 ピアノレッスン

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。

木村メソッドとは バスティン先生から直に教えを受けて、バスティンの流れを受けながら、木村美江先生が開発されたメソッドです。

ピアノ教師になりたての頃に、視覚から入ることなど、子ども達の心を解っている教本だな〜と思い、勉強会に参加した事がきっかけで使用する様になりました。^_−☆

いつもレッスンで使っているホワイトボードとリズムカードも、何年も前に木村メソッドで購入したもの。

カ-ド音符

今は販売されていないそうですが、これは優れもの。

子ども達が、興味をひく色取り取りのカード。

グリュックピアノ教室の生徒さん達もみんな、このリズムカードが大好きです(^_^)v

そしてこの鍵盤カード。

image

鍵盤の名前をドレミファソとABCの両方で覚えるのですが、レッスンで、このカードを使うと、楽しんで覚える事が出来ます。(^.^)

どうしてABCで覚えるのか?

理由は2つあります。

移調する時に覚えやすい。

ハ長調、ニ長調と覚えるより、Cメジャー、Dメジャーのほうが覚えやすいです。

もちろん後々に、ハ長調、ニ長調も覚えていくのですが、ABCだと、子ども達にもわかりやすい為、早く覚えることが出来ます。(^∇^)

コード奏法でも演奏出来るようになる。

初歩の頃からA、B、Cで覚えているので、コードを理解するのが早いんです。^o^

コード奏法で演奏出来ると、アレンジも自由自在にでき、演奏の幅も広がります。

グリュックピアノ教室では、楽譜通りに弾くだけではなく、コード奏法や、即興なども学べます。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^ ^

 

 

 

 

関連記事

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

学力アップの基礎作り その2

昨日、絵本を使ったピアノレッスンで、本好きになり、集中力や学力アップにも 繋がる、と書きました

記事を読む

嬉しい〜^o^ 生徒さんからのお手紙

生徒さんに貰った手紙で〜す。 これは1部で、もっとあるのですが… いつ貰っても嬉

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑