Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

コード奏法の基本

公開日: : 最終更新日:2015/12/21 ピアノレッスン

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。

木村メソッドとは バスティン先生から直に教えを受けて、バスティンの流れを受けながら、木村美江先生が開発されたメソッドです。

ピアノ教師になりたての頃に、視覚から入ることなど、子ども達の心を解っている教本だな〜と思い、勉強会に参加した事がきっかけで使用する様になりました。^_−☆

いつもレッスンで使っているホワイトボードとリズムカードも、何年も前に木村メソッドで購入したもの。

カ-ド音符

今は販売されていないそうですが、これは優れもの。

子ども達が、興味をひく色取り取りのカード。

グリュックピアノ教室の生徒さん達もみんな、このリズムカードが大好きです(^_^)v

そしてこの鍵盤カード。

image

鍵盤の名前をドレミファソとABCの両方で覚えるのですが、レッスンで、このカードを使うと、楽しんで覚える事が出来ます。(^.^)

どうしてABCで覚えるのか?

理由は2つあります。

移調する時に覚えやすい。

ハ長調、ニ長調と覚えるより、Cメジャー、Dメジャーのほうが覚えやすいです。

もちろん後々に、ハ長調、ニ長調も覚えていくのですが、ABCだと、子ども達にもわかりやすい為、早く覚えることが出来ます。(^∇^)

コード奏法でも演奏出来るようになる。

初歩の頃からA、B、Cで覚えているので、コードを理解するのが早いんです。^o^

コード奏法で演奏出来ると、アレンジも自由自在にでき、演奏の幅も広がります。

グリュックピアノ教室では、楽譜通りに弾くだけではなく、コード奏法や、即興なども学べます。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^ ^

 

 

 

 

関連記事

習慣化で上達アップのコツとは

習慣化。 大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

オーストリアの素晴らしい楽譜

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^; オーストリアに行ってました〜(⌒

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

即興やアレンジに必要な事とは

グリュックピアノ教室では、子ども達に、楽譜通りに弾くだけではなく、アレンジや 即興などをして、

記事を読む

即興のコツ Part2

以前、即興のコツは、子ども達のように真っ白な心で、イメージをそのまま表現すると書きました。 今

記事を読む

コード奏法を速く覚えるコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から、音名をドレミと共に、ABCで覚えてもらいます。 何故か

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑