即興〜作曲へ

公開日: : 最終更新日:2016/03/21 ピアノレッスン, レッスン方法, 大人の方のピアノレッスン

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。

絵本は絵のイメージや、物語りから表現がしやすいからです。

絵本複数の

即興の先は…

作曲です。

作曲も、コツを覚えると出来ちゃうんですよね。

簡単に言えば、基本はAの部分と、Bの部分を作り、組み立てる。

そしてその曲にコードで伴奏をつける。

ちょっと簡単に言い過ぎました…(^^;;

でも、短くてもこの方法で作曲出来てしまいます。

理論は後から付いてくるもの…

先ずは作ることです。

コード奏法も、難しく考えがちですが…σ(^_^;)

以前、グリュックピアノ教室では、コード奏法の基本を初歩の導入の時期に取り入れる、と書きました。

それは、音名をABCで読めること。

コードって難しいのでは?と思われる方が多いと思うのですが、ABCで読めることが定着していると、覚えやすいんです。

作曲家の人は、コードから先に組み立てる人も多いそう。

最初は、2つのコードで作曲してみる。

実は、2つのコードでも曲は出来上がります。

3・4個のコードを覚えれば、好きな曲にオリジナルで《好きな様に》伴奏をつけれる。

《好きな様に弾く》

これほど気持ちがよい事はありません。(^O^)

自分の好きな曲が気持ちよく弾けることは、とっても大切。

これは、子どもたちも同じです。

デュオ

気持ちよく、楽しく、これが集中のカギです。

グリュックピアノ教室は、楽しんで学べるピアノ教室です。(^∇^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい^o^

 

 

 

 

関連記事

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

楽譜がなくても曲が弾ける秘訣とは

グリュックピアノ教室では、バスティンのピアノ教本を使っています。 「移調の導入のコツとは」のと

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

大人と子どもの違い

大人と子どもは理解の仕方が違います。 音楽付き絵本の読み聞かせをしていても、子ども達の反応は、

記事を読む

指先を使う事は何故良いのか

大人の生徒さん、Tさん。 クラシック音楽が大好きな、70代の女性です。 高校生の頃に学校

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

音楽付き読み聞かせの良さとは

保育士のMさん。 2月に保育園の発表会で、ちびとらちゃんの劇をします。 テーマ曲を最初に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑