リズムのコツ

公開日: : 最終更新日:2016/12/09 ピアノレッスン, レッスン方法, 練習方法

リズム。

グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音符を使っています。

色つき音符は、視覚から入るので、覚えやすいんです(^ ^)

延ばす分だけ、長さが違う音符カードを用います。

カ-ド音符

名前を覚える時も、音符は白いケーキ全部なので、音符。

ケーキを、〜ちゃんとお姉ちゃんとパパとママ、人で分けたので、4分音符、

人で分けたので2分音符…

など説明していくと、直ぐに覚えてくれます(╹◡╹)

これは後々に分数を覚える時にも役立ちます。

最初に子ども達が難しいと感じるリズムは、付点4分音符。

これも、色つき音符だと長さが違うので分かり易い。

8分音符3つ分の長さ。

「タンン」と数えるとリズムがブレません。

初歩の頃から、リズム打ちは大切。

この音符カードだと、みんな楽しんで覚えてくれます(^o^)

image

 

リズムや読譜の練習は、初歩の頃から楽しく!!

リズムはどんどん難しくなっていきます。

分かりやすくて楽しくないと、億劫になってしまいますσ(^_^;)

付点4分音符の次に難関なのが、3連符。

4分音符1拍を3拍に分ける。

ホールのケーキを3つに分ける感覚…(^^;)

 

img_0363

 

すみません(^^;;

これは私の手作りケーキです。

ホールのケーキを等分するほど難しい(^^;;

そして、その先の難関は…

長くなりそうなので、また次回に書きたいと思います(^o^)

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

指先を使う事は何故良いのか

大人の生徒さん、Tさん。 クラシック音楽が大好きな、70代の女性です。 高校生の頃に学校

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

レッスンの要

一番肝心な、要とも言える初歩のレッスン。 最初が肝心とよく言いますが、本当にそうだと思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑