リズムのコツ

公開日: : 最終更新日:2016/12/09 ピアノレッスン, レッスン方法, 練習方法

リズム。

グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音符を使っています。

色つき音符は、視覚から入るので、覚えやすいんです(^ ^)

延ばす分だけ、長さが違う音符カードを用います。

カ-ド音符

名前を覚える時も、音符は白いケーキ全部なので、音符。

ケーキを、〜ちゃんとお姉ちゃんとパパとママ、人で分けたので、4分音符、

人で分けたので2分音符…

など説明していくと、直ぐに覚えてくれます(╹◡╹)

これは後々に分数を覚える時にも役立ちます。

最初に子ども達が難しいと感じるリズムは、付点4分音符。

これも、色つき音符だと長さが違うので分かり易い。

8分音符3つ分の長さ。

「タンン」と数えるとリズムがブレません。

初歩の頃から、リズム打ちは大切。

この音符カードだと、みんな楽しんで覚えてくれます(^o^)

image

 

リズムや読譜の練習は、初歩の頃から楽しく!!

リズムはどんどん難しくなっていきます。

分かりやすくて楽しくないと、億劫になってしまいますσ(^_^;)

付点4分音符の次に難関なのが、3連符。

4分音符1拍を3拍に分ける。

ホールのケーキを3つに分ける感覚…(^^;)

 

img_0363

 

すみません(^^;;

これは私の手作りケーキです。

ホールのケーキを等分するほど難しい(^^;;

そして、その先の難関は…

長くなりそうなので、また次回に書きたいと思います(^o^)

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

コード奏法を速く覚えるコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から、音名をドレミと共に、ABCで覚えてもらいます。 何故か

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

好奇心を引き出す

5歳になったばかりの女の子  Iちゃん。 レッスンを始めてから2ケ月目。 いつもレッスン

記事を読む

何故、絵本が暗記力アップに繋がるのか

グリュックピアノ教室では、表現力や暗譜力に繋がる、絵本を使ったピアノレッスン をしています。

記事を読む

クリスマス会

週1回、障がい児のデイサービスに音楽遊びのレッスンに行っています。 昨日はそこのクリスマス会で

記事を読む

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑