楽譜がなくても曲が弾ける秘訣とは

公開日: : 最終更新日:2014/09/08 レッスン方法

グリュックピアノ教室では、バスティンのピアノ教本を使っています。

「移調の導入のコツとは」のところでも書きましたが、バスティンは移調の導入が

とてもわかりやすく書かれています。

初歩の頃から、音名をドレミと平衡して、ABCで覚えていきます。

ABCで覚えることで、移調が簡単に出来るようになります。

小学校2年生のKちゃん、移調して弾く事が大好きです。

「じゃあこの曲、DメジャーとFメジャーで弾いてみよ〜」っていうと

「ヤッタ〜」と喜んで弾いてくれます。

感性がとても豊かなKちゃん(*^o^*)

色んな調で弾くと、曲の表情が変わることを、楽しんでいる様子です。

image

 

移調で弾くことのもう一つの良さは…

コードを覚えることが出来て、伴奏がすぐに付けれるようになることです。

コードネームが読めれば、メロディ譜を使って、色んな曲を簡単に弾くことが出来ま

す。

私は、ホテルやレストランで演奏していますが、ほとんどメロディ譜を使っていま

す。

知らない曲をリクエストされた時でも、メロディだけを譜読みすれば、伴奏はコード

ネームを見て、自分の好きな感じにアレンジすれば良いのです。(^∇^)

生徒さん達にも、クラシックだけでなく、色んなジャンルの曲を弾けるようになって

欲しいと、思っています。

初歩の頃から英語音名を理解していることで、コードをすぐに覚えることが出来ます

メロディ譜で演奏が出来ることで、演奏の幅もグンと広がり、ピアノを弾く事の

楽しさをもっと感じて貰えると思います。(*^o^*)

グリュックピアノ教室では、子ども達が楽しんで演奏出来る方法を、これからも勉強

していきたいと、思っています。(^^)

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくだ

さいね(o^^o)

お待ちしていま〜す

 

 

 

 

 

 

関連記事

即興のコツ Part2

以前、即興のコツは、子ども達のように真っ白な心で、イメージをそのまま表現すると書きました。 今

記事を読む

兄弟、姉妹のレッスン

昨日は、吹田市垂水町にお住まいの仲良し姉妹の、初めてのレッスンでした。 小学校6年生のYちゃん

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

得意な曲を最初に弾く事が大切な理由

レッスンの時、練習がよく出来た曲、好きな曲、などから弾いて貰うことは、大事な事だと思います。

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

移調の導入のコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩のお子様にはバスティンのピアノ教本を使っていま す。

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

ピアノが楽しく弾けるようになる秘訣

この間、ピアノレッスンを楽しくするポイントとは、というタイトルで、幼児期から 小学校高学年や、

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑