表現を引き出す言葉かけ

公開日: : 最終更新日:2016/11/15 ピアノレッスン, レッスン方法

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。

image

レッスンでそれを引き出してあげることが、私たちの役目。

11月からレッスンを開始したkちゃん。

明るくて、さばさばとした5年生の女の子(^∇^)

4年生まで、コンクール中心のレッスンをしてきて、疲れてしまったみたいで…ピアノを辞めていたそう。

でも5年生になって、学校の音楽会でピアノ伴奏をしたのがきっかけで、また習いたい!と思い、お母さんからお問い合わせを頂きました。

体験レッスンの時、最初にバスティンのお気に入りから、レベル4の3番「こびと人形ののマーチ」を弾いてもらいました。

 

 

img_0731

kちゃんに、最初の4小説はどんな感じがする?」って聞くと…

「さあ、これから行くぞ!」

真ん中の少し雰囲気が変わる部分では?「困ったことが起こってしまった感じ」

最後の締めくくりの部分では、「こんな事があったね、って話しあっている感じ」とイメージを説明してくれました^o^

2曲めは、雰囲気を変えて、ブルグミュラーの「素直な心」

「素直ってどんな感じかな?」って聞くと…

「うーんと… 心の中がお花畑な感じ」

綺麗なお花畑のイメージで弾いてくれました。

因みに「kちゃんの心の中は?」って聞くと、「私は…ジェットコースターかな〜」

次のレッスンでは「真夜中の火まつり」を弾いてくれるみたいで、ジェットコースターな雰囲気の火まつりが聴けるのが楽しみです。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを、心がけています(^∇^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^^)

お待ちしていま〜す^ ^

関連記事

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

習い事の意味とは

習い事。 お母さんの立場に立った時、たくさんある習い事の中で、お子さんに合う事を探すのは、悩む

記事を読む

子どもは大人の父である

レッスンで子ども達と接していると、なるほど〜と教えられる事が多々あります。 グリュックピアノ教

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

学力アップの基礎作り その1

読書が好きなお子様は、想像力が豊かです。 読書は、人の気持ちが理解出来るようになったり、集中力

記事を読む

魔法の力

ハグの威力。 日本人はあまりしませんが、この威力は魔法のようです。 日本人は、欧米人に比

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑