初見で楽譜を読むことの大切さ

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 ピアノレッスン, レッスン方法, 練習方法

7歳のKちゃん。

年始の久しぶりのレッスンです。

image

 

Kちゃん、クリスマス前に風邪をひいてしまって、お正月休みと重なり、レッスンが3週間程、空いてしまいました。σ(^_^;)

やっぱり、あまり空き過ぎると、宿題の曲は上手に弾けていても、譜読みのスピードが前よりも少し、遅くなってしまいます。

ピアノが大好きで、頑張り屋さんなので、またすぐ取り戻すと思います。

レッスンで、曲を決める時に考える事は…

レベル、好きな曲、その時の生徒さんの心情、性格などなど…

色々考えますが、なるべく、すぐに弾ける曲を次の宿題にします。

難しい曲ではなく、すぐに弾ける曲。

何故か…

それは、新しい曲を弾く時の、初見で楽譜を読むこと、が大切だからです。

譜読みの回数を重ねること』これが重要だと思うんです。

難しい楽譜を時間をかけて読む事が、大事な時もありますが、なるべくすぐに読める曲が、適切でなないかと思います。

回数を重ねることで、初見が速くなり、どんどん読める事で、自身もついてきます。

 

グリュックピアノ教室では、バスティンの教則本を使用しています。

バスティンの良さは、色々あります。

音楽の仕組みを楽しく学べる、音が綺麗になる、表現力がつく、など。

他にもたくさんありますが、レベルに合った、いろんなスタイルの曲が多いことで、

読譜力がつくことも、魅力の1つだと思います。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

お待ちしています〜(^-^)

 

関連記事

自然に音楽と繋がる

姉妹や兄弟でレッスンさせて頂いてる生徒さんが、何組かいらっしゃいます^ ^ 年が離れている姉妹

記事を読む

オーストリアの素晴らしい楽譜

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^; オーストリアに行ってました〜(⌒

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

モチベーションを持続させる秘訣とは

ピアノレッスンで、モチベーションを持続して貰うには… 達成感を感じとれる経験が出来るように、工

記事を読む

大人と子どもの違い

大人と子どもは理解の仕方が違います。 音楽付き絵本の読み聞かせをしていても、子ども達の反応は、

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑