Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

初見で楽譜を読むことの大切さ

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 ピアノレッスン, レッスン方法, 練習方法

7歳のKちゃん。

年始の久しぶりのレッスンです。

image

 

Kちゃん、クリスマス前に風邪をひいてしまって、お正月休みと重なり、レッスンが3週間程、空いてしまいました。σ(^_^;)

やっぱり、あまり空き過ぎると、宿題の曲は上手に弾けていても、譜読みのスピードが前よりも少し、遅くなってしまいます。

ピアノが大好きで、頑張り屋さんなので、またすぐ取り戻すと思います。

レッスンで、曲を決める時に考える事は…

レベル、好きな曲、その時の生徒さんの心情、性格などなど…

色々考えますが、なるべく、すぐに弾ける曲を次の宿題にします。

難しい曲ではなく、すぐに弾ける曲。

何故か…

それは、新しい曲を弾く時の、初見で楽譜を読むこと、が大切だからです。

譜読みの回数を重ねること』これが重要だと思うんです。

難しい楽譜を時間をかけて読む事が、大事な時もありますが、なるべくすぐに読める曲が、適切でなないかと思います。

回数を重ねることで、初見が速くなり、どんどん読める事で、自身もついてきます。

 

グリュックピアノ教室では、バスティンの教則本を使用しています。

バスティンの良さは、色々あります。

音楽の仕組みを楽しく学べる、音が綺麗になる、表現力がつく、など。

他にもたくさんありますが、レベルに合った、いろんなスタイルの曲が多いことで、

読譜力がつくことも、魅力の1つだと思います。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

お待ちしています〜(^-^)

 

関連記事

発表会

グリュックピアノ教室では、6月24日(日)に発表会を開催しました〜o(^-^)o

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

子どもは大人の父である

レッスンで子ども達と接していると、なるほど〜と教えられる事が多々あります。 グリュックピアノ教

記事を読む

怒らない育児の誤解

褒め育て これはとても良いこと。 褒めることで子ども達の気力をアップさせます^ ^

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

楽譜がなくても曲が弾ける秘訣とは

グリュックピアノ教室では、バスティンのピアノ教本を使っています。 「移調の導入のコツとは」のと

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑