初見で楽譜を読むことの大切さ

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 ピアノレッスン, レッスン方法, 練習方法

7歳のKちゃん。

年始の久しぶりのレッスンです。

image

 

Kちゃん、クリスマス前に風邪をひいてしまって、お正月休みと重なり、レッスンが3週間程、空いてしまいました。σ(^_^;)

やっぱり、あまり空き過ぎると、宿題の曲は上手に弾けていても、譜読みのスピードが前よりも少し、遅くなってしまいます。

ピアノが大好きで、頑張り屋さんなので、またすぐ取り戻すと思います。

レッスンで、曲を決める時に考える事は…

レベル、好きな曲、その時の生徒さんの心情、性格などなど…

色々考えますが、なるべく、すぐに弾ける曲を次の宿題にします。

難しい曲ではなく、すぐに弾ける曲。

何故か…

それは、新しい曲を弾く時の、初見で楽譜を読むこと、が大切だからです。

譜読みの回数を重ねること』これが重要だと思うんです。

難しい楽譜を時間をかけて読む事が、大事な時もありますが、なるべくすぐに読める曲が、適切でなないかと思います。

回数を重ねることで、初見が速くなり、どんどん読める事で、自身もついてきます。

 

グリュックピアノ教室では、バスティンの教則本を使用しています。

バスティンの良さは、色々あります。

音楽の仕組みを楽しく学べる、音が綺麗になる、表現力がつく、など。

他にもたくさんありますが、レベルに合った、いろんなスタイルの曲が多いことで、

読譜力がつくことも、魅力の1つだと思います。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

お待ちしています〜(^-^)

 

関連記事

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

仲良く、時には刺激も必要…

姉妹でレッスンを受けてくれている生徒さんが何組かいらっしゃいます。^o^ お姉ちゃんが最初に習

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

初歩のレッスンに大事なこととは

ピアノレッスンは初期の頃から、指の形や姿勢などがとても大切です。 ピアノの椅子には浅めに座り、

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑