初見で楽譜を読むことの大切さ

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 ピアノレッスン, レッスン方法, 練習方法

7歳のKちゃん。

年始の久しぶりのレッスンです。

image

 

Kちゃん、クリスマス前に風邪をひいてしまって、お正月休みと重なり、レッスンが3週間程、空いてしまいました。σ(^_^;)

やっぱり、あまり空き過ぎると、宿題の曲は上手に弾けていても、譜読みのスピードが前よりも少し、遅くなってしまいます。

ピアノが大好きで、頑張り屋さんなので、またすぐ取り戻すと思います。

レッスンで、曲を決める時に考える事は…

レベル、好きな曲、その時の生徒さんの心情、性格などなど…

色々考えますが、なるべく、すぐに弾ける曲を次の宿題にします。

難しい曲ではなく、すぐに弾ける曲。

何故か…

それは、新しい曲を弾く時の、初見で楽譜を読むこと、が大切だからです。

譜読みの回数を重ねること』これが重要だと思うんです。

難しい楽譜を時間をかけて読む事が、大事な時もありますが、なるべくすぐに読める曲が、適切でなないかと思います。

回数を重ねることで、初見が速くなり、どんどん読める事で、自身もついてきます。

 

グリュックピアノ教室では、バスティンの教則本を使用しています。

バスティンの良さは、色々あります。

音楽の仕組みを楽しく学べる、音が綺麗になる、表現力がつく、など。

他にもたくさんありますが、レベルに合った、いろんなスタイルの曲が多いことで、

読譜力がつくことも、魅力の1つだと思います。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

お待ちしています〜(^-^)

 

関連記事

魔法の力

ハグの威力。 日本人はあまりしませんが、この威力は魔法のようです。 日本人は、欧米人に比

記事を読む

クリスマス会

週1回、障がい児のデイサービスに音楽遊びのレッスンに行っています。 昨日はそこのクリスマス会で

記事を読む

上手な褒め方の秘訣とは

「ほめる」 ほめる事は、ピアノ教室だけではなく、子ども達のやる気を促す、最も大事な事です。

記事を読む

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

自分に自信が持てる子に育つ秘訣

『褒める事は、最も優れた、しつけの方法』 これは、幼児心理学者が語っていた言葉です。 褒

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

音楽と数学の繋がり

楽譜を読むこと。 子ども達は、図形として形で見ることが得意です。 音符は連なっています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑