移調の導入のコツとは

公開日: : レッスン方法, 練習方法

グリュックピアノ教室では、初歩のお子様にはバスティンのピアノ教本を使っていま

す。

image

 

バスティンの良さは移調の導入がとてもわかりやすいこと。

では、移調は何故良いのか…

まず、移調が簡単に出来ると、先に♯や♭がたくさん出てきた時に混乱しません

子ども達が、楽しく移調が出来るように、5本指で弾ける曲(例えばメリーさんの

ひつじ)を色んな調で、弾いて貰ったりしています。

と言っても、楽譜を見て弾くわけではなく、5本指の形で覚えるので、黒鍵の多い調

でも、無理なく弾くことが出来ます。

生徒さん達は、指の置き場所を間違っても、変な音だな〜と感じると、どの指が

違うのか自分で考えて、置き返るようになります。

その調によって、表現が違うことに気づき、表現力も身につきます。

メリーさんのひつじなどは、知っている曲なので、色んな調に変わって弾けると、生

徒さん達は嬉しいようです。V(^_^)V

子ども達はみんな、ネコ踏んじゃった!を弾きたがりませんか?

これは黒鍵が好きな証拠です。(^_^)

好きだな〜、楽しいな〜と思っている時に、どんどん使って、黒鍵嫌いにさせない事

が、大切なのではないかな〜と思います。

以前に、ショパンのメソッドが素晴らしいと書きましたが、ショパンも黒鍵の多い調

での練習を推奨していたみたいです。*\(^o^)/*

音階練習や、指の形や音の出し方などの訓練は、黒鍵が多い方が良いと言っていたそ

うです。

グリュックピアノ教室では、子ども達が、難しいことでもわかりやすく、楽しんで学

べるレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方お気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちしています〜(*^_^*)

 

関連記事

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

好奇心を引き出す

5歳になったばかりの女の子  Iちゃん。 レッスンを始めてから2ケ月目。 いつもレッスン

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

楽譜がなくても曲が弾ける秘訣とは

グリュックピアノ教室では、バスティンのピアノ教本を使っています。 「移調の導入のコツとは」のと

記事を読む

コード奏法を速く覚えるコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から、音名をドレミと共に、ABCで覚えてもらいます。 何故か

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2

以前の、楽しく楽譜を読めるようになる方法では、子ども達が理解しやすい、リズムカ-ドのことを書きました

記事を読む

指と手首とタッチの関係

ピアノを弾く時に大切な指の動きについて。 ピアノを奏でる時に重要な、鍵盤を押さえるタッチのこと

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑