移調の導入のコツとは

公開日: : レッスン方法, 練習方法

グリュックピアノ教室では、初歩のお子様にはバスティンのピアノ教本を使っていま

す。

image

 

バスティンの良さは移調の導入がとてもわかりやすいこと。

では、移調は何故良いのか…

まず、移調が簡単に出来ると、先に♯や♭がたくさん出てきた時に混乱しません

子ども達が、楽しく移調が出来るように、5本指で弾ける曲(例えばメリーさんの

ひつじ)を色んな調で、弾いて貰ったりしています。

と言っても、楽譜を見て弾くわけではなく、5本指の形で覚えるので、黒鍵の多い調

でも、無理なく弾くことが出来ます。

生徒さん達は、指の置き場所を間違っても、変な音だな〜と感じると、どの指が

違うのか自分で考えて、置き返るようになります。

その調によって、表現が違うことに気づき、表現力も身につきます。

メリーさんのひつじなどは、知っている曲なので、色んな調に変わって弾けると、生

徒さん達は嬉しいようです。V(^_^)V

子ども達はみんな、ネコ踏んじゃった!を弾きたがりませんか?

これは黒鍵が好きな証拠です。(^_^)

好きだな〜、楽しいな〜と思っている時に、どんどん使って、黒鍵嫌いにさせない事

が、大切なのではないかな〜と思います。

以前に、ショパンのメソッドが素晴らしいと書きましたが、ショパンも黒鍵の多い調

での練習を推奨していたみたいです。*\(^o^)/*

音階練習や、指の形や音の出し方などの訓練は、黒鍵が多い方が良いと言っていたそ

うです。

グリュックピアノ教室では、子ども達が、難しいことでもわかりやすく、楽しんで学

べるレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方お気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちしています〜(*^_^*)

 

関連記事

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

手首の脱力、オバケの手!とは

以前に、綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣、の所で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、幼

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

初歩のレッスンに大事なこととは

ピアノレッスンは初期の頃から、指の形や姿勢などがとても大切です。 ピアノの椅子には浅めに座り、

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑