みんな同じで良いの?

公開日: : 最終更新日:2014/09/28 ピアノレッスン, レッスン方法

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」

これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

導入段階がみんな一緒。

バイエルの次はブルグミュラー、そしてソナチネ

テクニックはハノン、チェルニー

この順番ではないといけないとか、みんな同じ教本

これが問題なんです…

ヨーロッパでバイエルを使って教えている先生は、いないそうです。

導入時にも、多種多様な曲を取り入れています。

日本ではあまり知られていない作曲家の曲もどんどん取り入れています。

 

ピアノレッスンで、とても大切な教本選び

image

初歩の段階では、とても重要です。(グリュックピアノ教室では、バスティンのピアノ教本を使っています。)

バイエルは、指のテクニックには、良い訓練になりますが、なかなかヘ音記号が

出てこないことで、ヘ音記号の譜読みが億劫になってしまいます。

譜読みで大事なことは、ト音記号とヘ音記号を同時に読めるようになることです

後、表現力へのアプローチも、少し少ない気がします。

日本では表現力よりも、技術の難易度が重要視されます。

表現に間違いとかミスってないですよね。

でも、ここが身につくかどうかが、良い演奏が出来るかどうかのポイントだと思うん

ですよね。

表現力は子どもの時じゃないと、なかなか育ちません

グリュックピアノ教室では、子どもの頃にしか身につかないこと。

特に、表現力に注目したレッスンをしています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねV(^_^)V

 

 

関連記事

ピアノを弾くことで性格が分かる

体験レッスンで初めて合う子ども達。 恥ずかしがり屋さんで人見知りの子や、人懐っこい子、色んな性

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

音楽は心の処方箋

今日は、レストランで演奏の仕事でした。 こちらでは、誕生日と、ご結婚記念日の方に、リク

記事を読む

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

聴いて貰うことの大切さ

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。 「練習の時は、弾けてたの

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

Comment

  1. 横山紀子 より:

    初めまして。

    私は栃木県で個人のピアノ教室を主宰しております。

    先生のレッスンの中で取り入れられている「ピアノ演奏付き絵本」に非常に興味を持ちました。
    何で思いつかなかったんだろう…と、何か頭を打たれたようです。

    私も昨年よりリトミックのクラスもスタートしたのですが
    そちらでは、音楽付き絵本を読んでいて、確かに小さな子供達は食いつきますよね。

    表現力…というのを私も重要視してまして、それがピアノ演奏だけでなく自己表現に繋がり、成長してからも「自分を持つ」人間になってくれるのでは…と望んでいます。

    ピアノ演奏付き絵本を
    私のレッスンでも取り入れさせて頂いてもよろしいでしょうか??

    ピアノルーム&おとぷらすPlaisir
    横山紀子

    • gluckpiano より:

      横山先生、初めまして!
      嬉しいコメントをありがとうございます^ ^
      レッスンで取り入れられて、ご感想などお聞かせ頂ければ幸いです(⌒▽⌒)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑