楽しく楽譜を読むコツ

公開日: : 最終更新日:2015/03/10 ピアノレッスン, レッスン方法

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。

Kちゃんは、聞いた曲のメロディーをすぐ弾ける、絶対音感をもともと持っている女の子です。

まだレッスンを始めて3回目なのですが、Ⅰの和音とV7の和音の伴奏付けのやり方をレッスンしたら、すぐに弾けちゃいました。

楽譜を見なくても弾ける。

これは、これから幅広く演奏が出来る、とても素敵なことです。(*^o^*)

でも、気をつけなければいけない事があります。

譜読み嫌いにならない様にすること。

楽譜を見ずに弾けてしまうので、譜読みが嫌いにならない様に、注意しなければいけません。

聞いた曲をすぐ弾けてしまうので、譜読みが億劫になりがち。

そこを気をつけてレッスンする必要があります。

その為には…

楽譜を楽しく読む。

グリュックピアノ教室では、子ども達が大好きな、大きな五線譜ボードを使います。

image

カラーマグネットを動物のマグネットに変身!(^O^)

変身したのは、何の音?など、楽しんで覚えていきます。

楽譜を速く読める様にする。

ドレミファソと、順番に読むのでは、時間がかかってしまいます。

五線譜ボードで先ず、ト音記号の線の音、ドミソシレファ!

ヘ音記号の線の音、ソシレファラド!と、早口言葉のように覚えていきます。

こうすると、4パターンで楽譜が読めてしまいます。

楽譜が速く読めれば、読む事が億劫にはなりません。

楽譜は、読み方次第で、楽しく読めるんです。

グリュックピアノ教室は、楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(^^)

 

関連記事

幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた いで、眠くて泣

記事を読む

自然に音楽と繋がる

姉妹や兄弟でレッスンさせて頂いてる生徒さんが、何組かいらっしゃいます^ ^ 年が離れている姉妹

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

魔法の力

ハグの威力。 日本人はあまりしませんが、この威力は魔法のようです。 日本人は、欧米人に比

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

なぜ発表会が大切なのか

『発表会』 ピアノ教室のメインイベントですよね(^O^) 自分の得意なピアノで誰かを感動

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑