自信がつく魔法の言葉かけとは

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 ピアノレッスン, 幼児教育

5歳のTちゃん、この間は、きらきら星をとても上手に弾けました〜

image

花マル〜!!

「ヤッタ〜  タタンタタンタン 」

喜びをリズムで表現していました(o^^o)

 

Tちゃんはプチ負けず嫌い(^-^)

次の曲は、いつもより少し長めの曲。

上手に弾けているのに、自分で納得がいかないようです。

これで良いのかな〜と自信なげな様子…

image

 

自信なげに弾くパターンのお子様には、2通りあります。

本当に出来な〜いって思ってしまうタイプ…

この場合は、自信を無くさないように、注意してあげないといけませんよね。

練習をがんばったプロセスを褒めてあげて、少し間違っていても、ここがとても良く

出来ていた〜と、花マルをあげるようにしています。

その事で、自信がついてくると思います。

 

もう一つのパターン

Tちゃんのように、プチ負けず嫌いで、これで良いのかな〜と納得がいかないタイプ

は…

プロセスを褒める事は同じなのですが、今度はがんばろう!と、努力を促す言葉かけ

が必要なのではないかな〜と…

「〜ちゃんなら絶対弾けるよ!」など、ポジティブな言葉かけが大事ですよね。

 

ピアノに限らずどんな事でも、常に努力を促す、ポジティブな言葉かけが、大切

です。^ – ^

プチ負けず嫌いは、大人になった時、努力家になれる要素だと思います。

子ども達の心は、磨けば光るダイアモンドの原石のよう(o^^o)

魔法の言葉かけで、自信をつけて貰って、光り輝いてくれたら嬉しいな〜(*^^*)

グリュックピアノ教室では、常に、子ども達の心の声を聞くことを大事にしていま

す。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね

(^。^)

 

 

 

 

関連記事

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

大人と子どもの違い

大人と子どもは理解の仕方が違います。 音楽付き絵本の読み聞かせをしていても、子ども達の反応は、

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

音楽と数学の繋がり

楽譜を読むこと。 子ども達は、図形として形で見ることが得意です。 音符は連なっています。

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

リズムの重要性とは

《リズム》 音楽にはなくてはならないもの。 初歩の頃に、リズムを学ぶことは、先々のリズム

記事を読む

癒しが大切な理由

癒される… 人によっても違うと思いますが、やはり音楽は最適ですよね(*^^*) 生徒さん

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑