障がい児デイサービスで“絵と音楽”

公開日: : 最終更新日:2014/07/26 リトミックレッスン, 障がい児の音楽レッスン

この絵は障がい児のデイサービスで、音楽の時間に、子ども達が書いたものです。

 

image

 

いろんなタイプのクラシック音楽を3曲、順番に流しながら、スタッフさんと一緒に

書いて貰いました。

以前、絵と音楽の繋がりの深さを書きましたが、音楽を聞きながらのお絵かきは

リトミックでも時々するのですが、子ども達の表現が、とてもよく見え、いつも絵を

見るのがとても楽しみです。

私が、障がい児デイサービスに行くきっかけとなったのは、

中嶋恵美子先生の「あきらめないで!ピアノレッスン」を読んで感動し、

障がい児の子ども達にピアノレッスンがしたい、と思い、子ども達と関わりたくて、

行き始めました。

学生の時に教育実習に行ってから、音楽療法の講座なども何度か受けてきましたが

中嶋先生の本に出会えたことで、レッスンで自分がやっていきたいことが見えた気が

しました。

健常児のレッスンにも、とても役に立ち、勉強になっています。

私が子ども達と関わる時に、一番大事にしていること…

それは待つ事です。

これは、モンテッソーリの保育園で保育士をしていた時に学んだことですが、

障がい児の子ども達と接するようになって、今までよりも、もっと心にゆとりを持っ

てレッスン出来るようになった気がします。(*^o^*)

ピアノは音の出しやすい楽器です。

ピアノを習うことで、音楽の楽しさを知ってもらいたい、

そして、これは健常児の子ども達でも同じですが、少しずつ練習することで、曲が弾

けるようになった時、出来た!という喜びや達成感は、かけがえのない経験となりま

す。

このことは必ず、他の事にも繋がると思います。

グリュックピアノ教室では、障がい児のピアノレッスンも始めました。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせください

ね(^.^)

お待ちしています〜(*^_^*)

 

 

関連記事

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その1

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。 グリュックピアノ教室では、長所

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

何故、ピアノのレッスンに絵本を使うのか

グリュックピアノ教室では、ピアノのレッスンにもリトミックレッスンにも、必ず 絵本を使います。

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

繰り返す事の大切さ

子ども達は、同じ事を繰り返す事で覚える。 幼児期の絵本の読み聞かせなどもそうです。 お家

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

解ってしまうってすご〜い!!

今日は、曲をアレンジし過ぎて失敗?と言うか、怒らせてしまったお話を書こうと 思います。

記事を読む

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑