障がい児デイサービスで“絵と音楽”

公開日: : 最終更新日:2014/07/26 リトミックレッスン, 障がい児の音楽レッスン

この絵は障がい児のデイサービスで、音楽の時間に、子ども達が書いたものです。

 

image

 

いろんなタイプのクラシック音楽を3曲、順番に流しながら、スタッフさんと一緒に

書いて貰いました。

以前、絵と音楽の繋がりの深さを書きましたが、音楽を聞きながらのお絵かきは

リトミックでも時々するのですが、子ども達の表現が、とてもよく見え、いつも絵を

見るのがとても楽しみです。

私が、障がい児デイサービスに行くきっかけとなったのは、

中嶋恵美子先生の「あきらめないで!ピアノレッスン」を読んで感動し、

障がい児の子ども達にピアノレッスンがしたい、と思い、子ども達と関わりたくて、

行き始めました。

学生の時に教育実習に行ってから、音楽療法の講座なども何度か受けてきましたが

中嶋先生の本に出会えたことで、レッスンで自分がやっていきたいことが見えた気が

しました。

健常児のレッスンにも、とても役に立ち、勉強になっています。

私が子ども達と関わる時に、一番大事にしていること…

それは待つ事です。

これは、モンテッソーリの保育園で保育士をしていた時に学んだことですが、

障がい児の子ども達と接するようになって、今までよりも、もっと心にゆとりを持っ

てレッスン出来るようになった気がします。(*^o^*)

ピアノは音の出しやすい楽器です。

ピアノを習うことで、音楽の楽しさを知ってもらいたい、

そして、これは健常児の子ども達でも同じですが、少しずつ練習することで、曲が弾

けるようになった時、出来た!という喜びや達成感は、かけがえのない経験となりま

す。

このことは必ず、他の事にも繋がると思います。

グリュックピアノ教室では、障がい児のピアノレッスンも始めました。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせください

ね(^.^)

お待ちしています〜(*^_^*)

 

 

関連記事

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

解ってしまうってすご〜い!!

今日は、曲をアレンジし過ぎて失敗?と言うか、怒らせてしまったお話を書こうと 思います。

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

no image

ピアノレッスンに絵本を使う理由

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにも   リトミックレッスンにも 絵本はかかせ

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

こだわりが大切な理由

こだわり。 皆さん持っていると思います。 こだわりとは、信念、ポリシーがある事。

記事を読む

音楽と癒し(障がい児と向き合って)

私は週に一回障がい児のデイサービスで、音楽レッスンをしています。 音楽が大好きな子ども達。(o

記事を読む

幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた いで、眠くて泣

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その1

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。 グリュックピアノ教室では、長所

記事を読む

障がい児デイサービスでの1コマ

障がい児のデイサービスや、リトミックでよく使うフラフープ。 1、2歳から小学生まで、みんな大好

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑