アコ-スティックの素敵な音色

公開日: : 最終更新日:2014/10/26 ピアノレッスン, リトミックレッスン

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。

ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを使わない楽器が好きですね。

子ども達にも、生の楽器の音を、たくさん聞かせてあげる事で、聞く力がついてきます。

グリュックピアノ教室では、リトミックレッスンなどで使う楽器も、民族楽器などを使って、本当の木の音を、体感してもらいます。
カエル

吸収力の良い子ども達の耳は、生きている木の独特の響きをすぐにキャッチします。

そして最近私が、アコースティックではまっている楽器は…

1329899767349
アコ-ディオンです。

 

170年の歴史を誇る、頑固な職人たちによって作られている、ドイツのホーナー社のものです。

アコーディオンは、指のタッチではなく、蛇腹の伸縮の具合で強弱をつけたり、表情をつけたり、様々な音色を奏でる

ことが出来ます。

歩きながら弾けることで、リトミックレッスンでも、障がい児の音楽リズムでも使えます。

 

私の大好きなオ-ストリアでは、ホイリゲ(新種のワインが飲めるワイン酒場)で、

アコ-ディオン奏者が演奏する、シュランメルン音楽を聴くことが出来ます。

DSCN0069

 

素敵な音楽を聴きながら、ワインがどんどん進んじゃうんですよね~

DSCN0203

ホイリゲでは、ワインが4分の1リットル入りの、ジョッキで出てくるんです。

3杯飲むと、フルボトル1本飲んだ事になります。

オ-ストリアとワインの話をすると、止まらなくなるのでこれくらいにして…σ(^_^;)

 

アコーディオンはやっぱり、ヨーロッパの風景を思い起こさせてくれますね。

グリュックピアノ教室では、子ども達の感性を豊かにし、心を育てるレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

暗譜が早くなるコツとは

暗譜って? 皆さんご存知だと思いますが、簡単に言うと、楽譜を見ないで、覚えて弾く事です。

記事を読む

絵画のような絵本のご紹介

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^) 数多くある絵本の中で、

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

解ってしまうってすご〜い!!

今日は、曲をアレンジし過ぎて失敗?と言うか、怒らせてしまったお話を書こうと 思います。

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑