アコ-スティックの素敵な音色

公開日: : 最終更新日:2014/10/26 ピアノレッスン, リトミックレッスン

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。

ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを使わない楽器が好きですね。

子ども達にも、生の楽器の音を、たくさん聞かせてあげる事で、聞く力がついてきます。

グリュックピアノ教室では、リトミックレッスンなどで使う楽器も、民族楽器などを使って、本当の木の音を、体感してもらいます。
カエル

吸収力の良い子ども達の耳は、生きている木の独特の響きをすぐにキャッチします。

そして最近私が、アコースティックではまっている楽器は…

1329899767349
アコ-ディオンです。

 

170年の歴史を誇る、頑固な職人たちによって作られている、ドイツのホーナー社のものです。

アコーディオンは、指のタッチではなく、蛇腹の伸縮の具合で強弱をつけたり、表情をつけたり、様々な音色を奏でる

ことが出来ます。

歩きながら弾けることで、リトミックレッスンでも、障がい児の音楽リズムでも使えます。

 

私の大好きなオ-ストリアでは、ホイリゲ(新種のワインが飲めるワイン酒場)で、

アコ-ディオン奏者が演奏する、シュランメルン音楽を聴くことが出来ます。

DSCN0069

 

素敵な音楽を聴きながら、ワインがどんどん進んじゃうんですよね~

DSCN0203

ホイリゲでは、ワインが4分の1リットル入りの、ジョッキで出てくるんです。

3杯飲むと、フルボトル1本飲んだ事になります。

オ-ストリアとワインの話をすると、止まらなくなるのでこれくらいにして…σ(^_^;)

 

アコーディオンはやっぱり、ヨーロッパの風景を思い起こさせてくれますね。

グリュックピアノ教室では、子ども達の感性を豊かにし、心を育てるレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

体験レッスン(3歳のYちゃん)

今日、3歳のYちゃんの体験レッスンに行って来ました。 グリュックピアノ教室が、いつもレッスンの

記事を読む

信念と頑固の違いとは…

新年おめでとうございます)^o^( 今年もよろしくお願い致します(^^) 同じしんねんで

記事を読む

手作り楽器の良さ

父の知り合いが、ブルーベリーを送ってきてくれたので、ジャムとチーズケーキを 作りました〜^ -

記事を読む

魔法の力

ハグの威力。 日本人はあまりしませんが、この威力は魔法のようです。 日本人は、欧米人に比

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

習慣化で上達アップのコツとは

習慣化。 大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

記事を読む

こだわりが大切な理由

こだわり。 皆さん持っていると思います。 こだわりとは、信念、ポリシーがある事。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑