アコ-スティックの素敵な音色

公開日: : 最終更新日:2014/10/26 ピアノレッスン, リトミックレッスン

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。

ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを使わない楽器が好きですね。

子ども達にも、生の楽器の音を、たくさん聞かせてあげる事で、聞く力がついてきます。

グリュックピアノ教室では、リトミックレッスンなどで使う楽器も、民族楽器などを使って、本当の木の音を、体感してもらいます。
カエル

吸収力の良い子ども達の耳は、生きている木の独特の響きをすぐにキャッチします。

そして最近私が、アコースティックではまっている楽器は…

1329899767349
アコ-ディオンです。

 

170年の歴史を誇る、頑固な職人たちによって作られている、ドイツのホーナー社のものです。

アコーディオンは、指のタッチではなく、蛇腹の伸縮の具合で強弱をつけたり、表情をつけたり、様々な音色を奏でる

ことが出来ます。

歩きながら弾けることで、リトミックレッスンでも、障がい児の音楽リズムでも使えます。

 

私の大好きなオ-ストリアでは、ホイリゲ(新種のワインが飲めるワイン酒場)で、

アコ-ディオン奏者が演奏する、シュランメルン音楽を聴くことが出来ます。

DSCN0069

 

素敵な音楽を聴きながら、ワインがどんどん進んじゃうんですよね~

DSCN0203

ホイリゲでは、ワインが4分の1リットル入りの、ジョッキで出てくるんです。

3杯飲むと、フルボトル1本飲んだ事になります。

オ-ストリアとワインの話をすると、止まらなくなるのでこれくらいにして…σ(^_^;)

 

アコーディオンはやっぱり、ヨーロッパの風景を思い起こさせてくれますね。

グリュックピアノ教室では、子ども達の感性を豊かにし、心を育てるレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

繰り返す事の大切さ

子ども達は、同じ事を繰り返す事で覚える。 幼児期の絵本の読み聞かせなどもそうです。 お家

記事を読む

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑