コミュニケーションの大切さ

公開日: : 最終更新日:2014/06/13 リトミックレッスン, 障がい児の音楽レッスン

image昨日は、柏原市の、障がい児の子ども達の施設での音楽レッスンの日でした。

ここでは、座って出来る、リトミック的な事や楽器遊びを中心に、音楽の楽しさを知って貰えるように、工夫して行っています。

毎週ここの子ども達と触れ合う事で、本当に癒されています。帰って来てからも、可愛さを思い出して、思い出し笑いをしてしまうくらいです(*^_^*)

ここの施設長の方は、すごく音楽好きで、子ども達に、何故音楽が大事なのかを理解してくれています。 すごく気さくでとっても楽しい人です(*^o^*)

私の絵本の弾き語り(絵本を読みながら、即興で場面に合わせて演奏する)も、どうして子ども達にその事が良いのか、解って下さっているし、子ども達と一緒に楽しんでくれます。

スタッフの方達、みんなで盛り上げてくれます。

いつも最後に1曲、演奏するのですが、それを、施設長もスタッフもとても楽しみにしてくれています。

こういうスタッフの方とのコミュニケーションが、子ども達にとって、より良い時間を与えることが出来るのだと思います。

同じようにピアノ教室でも、生徒さんのお母さんとのコミュニケーションは、一番と言って良い程、大事な事だと思います

子ども達の事を一番理解しているのはお母さんです。 (お父さんごめんなさい(^^;;)
レッスンの説明だけではなく、普段のお子様の様子もお聞きして、レッスンを進めていくことで、より良いレッスンが出来ると思っています。
吹田市のグリュックピアノ教室では、お母さんとのコミュニケーションを大事に、子ども達の心を育てるピアノ教室を目指しています。

発達障害のお子様のピアノレッスンも募集しています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^-^)

関連記事

no image

ピアノレッスンに絵本を使う理由

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにも   リトミックレッスンにも 絵本はかかせ

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

何故、ピアノのレッスンに絵本を使うのか

グリュックピアノ教室では、ピアノのレッスンにもリトミックレッスンにも、必ず 絵本を使います。

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

幼い生徒さんのレッスンの秘訣

昨日は、4歳のみうちゃんと、妹のももちゃんのレッスンの日でした。 ももちゃんは、2歳なので、今

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

障がい児デイサービスで音楽遊び

昨日は毎週1回伺っている、障がい児デイサービスでの音楽遊びの日です。 今日のテーマはアイスクリ

記事を読む

音楽ってすごい!

週に一回、障害児のデイサービスに音楽レッスンに行っています。 以前は身体障がい児のデイ

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑