音楽を身体で感じることの大切さ

公開日: : 最終更新日:2015/02/04 リトミックレッスン, 絵本を使ったレッスン

リズム感が良い人は、体で音楽を感じることが自然に出来ています。

ブラックミュージックや、ブルースを、小さい頃から聞いている、黒人の子ども達は、リズム感が凄いですよね。

音楽が流れると、身体を揺らして楽しそうに踊っている姿は、大人顔負けのダンサーです。

やはり、子どもの頃の音楽環境が、リズム感に大きく影響するのだと思います。

特に幼児期は、リズム感が最も発達する時期です。

この時期に、リトミックレッスンで、音楽を聴いて、イメージを身体の動きで表現する事は、

リズムを身体で捉える事が出来るようになり、表現力、想像力も養うことが出来ます。

 

リトミックレッスンは、子ども達にとっては、楽しんで遊んでいるかのよう。

この遊び感覚が大事なんです。

レッスンなのに遊んでいるみたい、と思われるお母様もおられるかもしれませんが、その中に学習がたくさん潜んでいます。

リズム感はもちろん、音楽の流れや強弱がわかるようになる、そして、曲のイメージを把握する事が出来るようになります。

 

2歳の頃に絵本リトミックのレッスンを受けてくれていて、4歳からピアノレッスンを始めた、5歳のTちゃん

image

 

曲のイメ-ジを、すぐに把握し、表現してくれます。

時々そのイメ-ジを、ピアノの椅子からわざわざ降りて、身体で表現して見せてくれます。

リズム感や音楽的なセンスは、才能ではなく、環境だと思います。

幼児期に、常に色んな音楽のシャワ-を浴びること。

そして、音楽のイメ-ジを、身体で表現出来るようになると、聞く力、リズム感、表現力、想像力が身についてきます。

グリュックピアノ教室では、リトミックレッスンは5ケ月のお子様から、ピアノレッスンは2歳からレッスン出来ます。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

関連記事

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

コミュニケーションの大切さ

昨日は、柏原市の、障がい児の子ども達の施設での音楽レッスンの日でした。 ここでは、座って出来る

記事を読む

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

絵本+音楽=表現力

グリュックピアノ教室で、みんな大好きなピアノ演奏付き絵本の読み聞かせ。 絵本と言えば幼児期の物

記事を読む

即興のコツ Part2

以前、即興のコツは、子ども達のように真っ白な心で、イメージをそのまま表現すると書きました。 今

記事を読む

no image

障がい児デイサービスで“絵と音楽”

この絵は障がい児のデイサービスで、音楽の時間に、子ども達が書いたものです。  

記事を読む

音楽付き読み聞かせの良さとは

保育士のMさん。 2月に保育園の発表会で、ちびとらちゃんの劇をします。 テーマ曲を最初に

記事を読む

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑