ピアノ教師の存在

公開日: : 最終更新日:2015/11/11 ピアノレッスン, レッスン方法, 大人の方のピアノレッスン, 練習方法

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。

Tさんは、先月80歳の誕生日を迎えられました。

image1

明るくて意欲的な女性です。

風邪もあまりひかない、すごく健康なTさんですが、この間、忙しい行事が重なってしまったみたいで…

1週間ほどのご旅行の後、帰ってきたらまた直ぐに同窓会の幹事を任され…

忙しさで、精神的に疲れちゃったみたい。>_<

電話で、「楽譜が読めなくなったみたいで、レッスン出来るか不安です」と深刻な感じ。

とりあえず、レッスンの日を変更して…

当日に伺ったら、「練習したけど、全然弾けなくて…」と。(´・_・`)

いつものTさんとは少し違った様子。

でも、レッスンが始まって弾き始めたら…

スラスラ楽譜を読んで、いつもと同じ様に弾いて下さいました。(⌒▽⌒)

「えっ?!  さっきまで全然弾けなかったのに…  やっぱり先生が隣にいてくれたら弾けるみたい」と、ちょっと涙目で嬉しそうなTさん。

そんな風に言って頂けて嬉しかったですね〜(o^^o)

 

6歳になったばかりのMちゃん。

image

元気で明るい女の子。(^O^)

慎重派で簡単な曲だと楽しんで弾いてくれるのですが、難しい曲になると、悔しさが出てくるみたいです。

レッスンの時は弾けているのですが、お家での練習になると、ちょっと間違うと、その悔しさが倍増してきちゃうんです。

まだ6歳なのに、完璧主義なんですよね。(*^o^*)

でも「先生が隣にいたら弾ける」と言ってくれるので、レッスンでは少し難しいことをして、お家では、Mちゃんが自分で楽しく弾ける方法で、練習してもらうようにしています。

グリュックピアノ教室は、子ども達も、大人の方も、楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

 

関連記事

手首から音楽が…

手首の脱力、ピアノ演奏に最も大切な事。 手首は1度硬くなってしまうと、柔らかくなるのに時間がか

記事を読む

楽譜がなくても曲が弾ける秘訣とは

グリュックピアノ教室では、バスティンのピアノ教本を使っています。 「移調の導入のコツとは」のと

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2

以前の、楽しく楽譜を読めるようになる方法では、子ども達が理解しやすい、リズムカ-ドのことを書きました

記事を読む

クリスマス会

週1回、障がい児のデイサービスに音楽遊びのレッスンに行っています。 昨日はそこのクリスマス会で

記事を読む

信念と頑固の違いとは…

新年おめでとうございます)^o^( 今年もよろしくお願い致します(^^) 同じしんねんで

記事を読む

個性を伸ばす

子ども達には、みんなそれぞれ拘りがあります。 このこだわりに気付き、伸ばしてあげる事が、その子

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑