Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ピアノ教師の存在

公開日: : 最終更新日:2015/11/11 ピアノレッスン, レッスン方法, 大人の方のピアノレッスン, 練習方法

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。

Tさんは、先月80歳の誕生日を迎えられました。

image1

明るくて意欲的な女性です。

風邪もあまりひかない、すごく健康なTさんですが、この間、忙しい行事が重なってしまったみたいで…

1週間ほどのご旅行の後、帰ってきたらまた直ぐに同窓会の幹事を任され…

忙しさで、精神的に疲れちゃったみたい。>_<

電話で、「楽譜が読めなくなったみたいで、レッスン出来るか不安です」と深刻な感じ。

とりあえず、レッスンの日を変更して…

当日に伺ったら、「練習したけど、全然弾けなくて…」と。(´・_・`)

いつものTさんとは少し違った様子。

でも、レッスンが始まって弾き始めたら…

スラスラ楽譜を読んで、いつもと同じ様に弾いて下さいました。(⌒▽⌒)

「えっ?!  さっきまで全然弾けなかったのに…  やっぱり先生が隣にいてくれたら弾けるみたい」と、ちょっと涙目で嬉しそうなTさん。

そんな風に言って頂けて嬉しかったですね〜(o^^o)

 

6歳になったばかりのMちゃん。

image

元気で明るい女の子。(^O^)

慎重派で簡単な曲だと楽しんで弾いてくれるのですが、難しい曲になると、悔しさが出てくるみたいです。

レッスンの時は弾けているのですが、お家での練習になると、ちょっと間違うと、その悔しさが倍増してきちゃうんです。

まだ6歳なのに、完璧主義なんですよね。(*^o^*)

でも「先生が隣にいたら弾ける」と言ってくれるので、レッスンでは少し難しいことをして、お家では、Mちゃんが自分で楽しく弾ける方法で、練習してもらうようにしています。

グリュックピアノ教室は、子ども達も、大人の方も、楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

 

関連記事

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

リズムの重要性とは

《リズム》 音楽にはなくてはならないもの。 初歩の頃に、リズムを学ぶことは、先々のリズム

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

コード奏法を速く覚えるコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から、音名をドレミと共に、ABCで覚えてもらいます。 何故か

記事を読む

学力アップの基礎作り その2

昨日、絵本を使ったピアノレッスンで、本好きになり、集中力や学力アップにも 繋がる、と書きました

記事を読む

出張レッスンのニーズが増えている理由とは

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンをしています。 上のお子様にピアノを

記事を読む

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑