綺麗な音を出す秘訣とは

公開日: : 最終更新日:2014/12/10 ピアノレッスン, 練習方法

綺麗な音で弾くこと。

グリュックピアノ教室が大切にしている事です。

どうすれば綺麗な音が出るのか…

1番大事なのは手首の脱力です。これは初歩の頃からでないと、癖がついてしまうと

なかなか脱力出来ません。

image

手首の脱力というのは、弾く瞬間に力を集約して、その次の瞬間に緩めることです。

大人的に理論で考えると、難しいですね。(^^;;

レッスンでは、子ども達に理解しやすく、楽しめるような方法で行っています。(^ν^)

image

初歩の頃に、どんな音が綺麗で、どんな音が耳につく音か、聞き比べる事も、大切なことだと思います。

グリュックピアノ教室では、良いタッチや悪いタッチなどを実際に弾いて見せて、それぞれの特徴や原因をわかって貰うようにしています。

鍵盤の構造的に言うと、悪いタッチの場合、下部雑音がする。つまり、鍵盤が鍵盤の底に当たった時の衝突音がしてしまい、耳についてしまうのです。

「ピアノの知識と演奏(ムジカノーヴァ叢書) 」という本に…

{下部雑音を避ける=必要以上に力を入れたり、体重をかけたり、深く叩き込んだりしない。

ピアノのハンマーは鍵盤が下がる「途中」で加速されますから「鍵盤の底まで弾く」ということ自体には意味がありません。}  と書かれていました。

鍵盤の底に接触せずに、音を出す。

これが綺麗な音を出す秘訣です。

グリュックピアノ教室では、綺麗な音を聞き分ける事が出来、そして弾けるようになる事が大切、と考えています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

リズムの重要性とは

《リズム》 音楽にはなくてはならないもの。 初歩の頃に、リズムを学ぶことは、先々のリズム

記事を読む

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで 3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

絵本を取り入れたレッスンで身につく事は

グリュックピアノ教室では、絵画のような、大人が見ても綺麗な絵本を取り入れた ピアノレッスンをし

記事を読む

自然の凄さ

自然とは… 山や海、草、木、などの意味もありますが、ありのままの〜こと(アナ雪じゃありませんが

記事を読む

なぜ発表会が大切なのか

『発表会』 ピアノ教室のメインイベントですよね(^O^) 自分の得意なピアノで誰かを感動

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑