綺麗な音を出す秘訣とは

公開日: : 最終更新日:2014/12/10 ピアノレッスン, 練習方法

綺麗な音で弾くこと。

グリュックピアノ教室が大切にしている事です。

どうすれば綺麗な音が出るのか…

1番大事なのは手首の脱力です。これは初歩の頃からでないと、癖がついてしまうと

なかなか脱力出来ません。

image

手首の脱力というのは、弾く瞬間に力を集約して、その次の瞬間に緩めることです。

大人的に理論で考えると、難しいですね。(^^;;

レッスンでは、子ども達に理解しやすく、楽しめるような方法で行っています。(^ν^)

image

初歩の頃に、どんな音が綺麗で、どんな音が耳につく音か、聞き比べる事も、大切なことだと思います。

グリュックピアノ教室では、良いタッチや悪いタッチなどを実際に弾いて見せて、それぞれの特徴や原因をわかって貰うようにしています。

鍵盤の構造的に言うと、悪いタッチの場合、下部雑音がする。つまり、鍵盤が鍵盤の底に当たった時の衝突音がしてしまい、耳についてしまうのです。

「ピアノの知識と演奏(ムジカノーヴァ叢書) 」という本に…

{下部雑音を避ける=必要以上に力を入れたり、体重をかけたり、深く叩き込んだりしない。

ピアノのハンマーは鍵盤が下がる「途中」で加速されますから「鍵盤の底まで弾く」ということ自体には意味がありません。}  と書かれていました。

鍵盤の底に接触せずに、音を出す。

これが綺麗な音を出す秘訣です。

グリュックピアノ教室では、綺麗な音を聞き分ける事が出来、そして弾けるようになる事が大切、と考えています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

体験レッスン(3歳のYちゃん)

今日、3歳のYちゃんの体験レッスンに行って来ました。 グリュックピアノ教室が、いつもレッスンの

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その1

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。 グリュックピアノ教室では、長所

記事を読む

曲を作る基本

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。 初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れ

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑