音楽と絵画、そして絵本

公開日: : 最終更新日:2015/11/11 絵本を使ったレッスン

音楽と絵画は共通点が多いです。

感情表現、創造性、想像力、など…

音楽の刺激を受けて製作をした画家達も多いですよね^o^

ラウルデュフィー。

image

ラウルのお父さんは教会で音楽を教えていて、兄弟はピアノ教師やフルート奏者、音楽愛好家の家族の中で育ち、音楽をこよなく愛していたそうです。

バッハやドビュッシーなど、好きな作曲家へのオマージュなど、デュフィの作品の多くは音楽をテーマにしています。^ ^

 

パウルクレーもその1人。

この間、兵庫県立美術館にパウル・クレー展、観に行ってきました〜(⌒▽⌒)

今回の展覧会のテーマは、「だれにもないしょ」

image

秘密が大好きだったクレー。

隠しイメージが埋め込まれた作品が数多く紹介されていました。

「 芸術の本質は、目に見えるものを再現するものではなく、見えるようにすることである」というクレーの有名な言葉通り、謎解きの中にも、音楽が見え隠れしていました。(o^^o)

クレーの父は音楽教師、母はプロの声楽家。

モーツァルトやバッハ、シェーンベルグを好み、自らもヴァイオリニストでした。

作品の製作の前には、必ずヴァイオリンを弾いていたそうです。

幼少の頃、家では童話がよく読まれていて、クレーは物語に没頭しだすと、熱心に聴き入っていたそう。

「音楽と童話」がクレーの原点なのかもしれませんね。

image

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(*^^*)

 

関連記事

感動する心を育てる為に

曲に感動する心を育てる。 これは音楽だけではなく、いろんな事に感動出来る、感受性豊かな子に育ち

記事を読む

子ども達にこそ本物を

音楽、絵画、それから絵本、など… 大人が感動する物は、子ども達も感動します。 本物を子ど

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

心の中に秘めた表現力

言葉で言えないことを、何かで表現するのって素敵ですよね。 ピアニストでシンガーソングライターの

記事を読む

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑