最初から両手で弾くことが大事な訳

公開日: : 最終更新日:2015/01/02 ピアノレッスン, 練習方法

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。

私達が子どもの頃も、そういう風に教わってきました。

しかし…

この癖をつけてしまうと、最初は片手ずつって、インプットされてしまい、ある程度弾けるようになっても、最初の譜読みは片手づつ、という事になってしまいます。

最初から、両手で弾くことで、初見も早くなります。

5歳のTちゃん。

両手を同時に弾くユニゾンが大好きで、一生懸命練習してきてくれます。

この間、クリスマスの曲を、間違ってしまう自分がもどかしく、泣きながら練習していた、とお母さんがおっしゃっていました。

レッスンの時はとても上手に弾けていて、満面の笑顔でした。

頑張り屋さんで、これからが楽しみです。

image

両手で弾く

という事は、ト音記号とヘ音記号を同時に読めなければいけません。

「子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2」の所で模様読みの事を書きました。

image

子ども達は、形で覚えるのが大得意です。

子ども達の好きな形から入ることが大切だと思います。

大人の方でも、理論で考えるより、形で覚えると譜読みが早くなります。

譜読みがなかなか出来ないと、弾く意欲がなくなってしまいますよね。

形でどのように覚えるのか?

詳しくは、また次回に書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、大人の方も子ども達も譜読みが楽しく出来るように、レッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。^_^

 

 

 

 

関連記事

表現力を引き出す力

表現力。 子ども達はみんな持っています。(^ ^)   表にすぐ

記事を読む

クリスマス会

週1回、障がい児のデイサービスに音楽遊びのレッスンに行っています。 昨日はそこのクリスマス会で

記事を読む

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

子ども達は楽しむ天才

子ども達はくっつく物が大好き。(*^◯^*) グリュックピアノ教室が、リズムや拍子を楽しく学ぶ

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑