最初から両手で弾くことが大事な訳

公開日: : 最終更新日:2015/01/02 ピアノレッスン, 練習方法

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。

私達が子どもの頃も、そういう風に教わってきました。

しかし…

この癖をつけてしまうと、最初は片手ずつって、インプットされてしまい、ある程度弾けるようになっても、最初の譜読みは片手づつ、という事になってしまいます。

最初から、両手で弾くことで、初見も早くなります。

5歳のTちゃん。

両手を同時に弾くユニゾンが大好きで、一生懸命練習してきてくれます。

この間、クリスマスの曲を、間違ってしまう自分がもどかしく、泣きながら練習していた、とお母さんがおっしゃっていました。

レッスンの時はとても上手に弾けていて、満面の笑顔でした。

頑張り屋さんで、これからが楽しみです。

image

両手で弾く

という事は、ト音記号とヘ音記号を同時に読めなければいけません。

「子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2」の所で模様読みの事を書きました。

image

子ども達は、形で覚えるのが大得意です。

子ども達の好きな形から入ることが大切だと思います。

大人の方でも、理論で考えるより、形で覚えると譜読みが早くなります。

譜読みがなかなか出来ないと、弾く意欲がなくなってしまいますよね。

形でどのように覚えるのか?

詳しくは、また次回に書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、大人の方も子ども達も譜読みが楽しく出来るように、レッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。^_^

 

 

 

 

関連記事

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

手の形が良くなるコツとは

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。 お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

自信がつく魔法の言葉かけとは

5歳のTちゃん、この間は、きらきら星をとても上手に弾けました〜 花マル〜!! 「

記事を読む

習い事の意味とは

習い事。 お母さんの立場に立った時、たくさんある習い事の中で、お子さんに合う事を探すのは、悩む

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その1

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。 グリュックピアノ教室では、長所

記事を読む

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

個性を伸ばす

子ども達には、みんなそれぞれ拘りがあります。 このこだわりに気付き、伸ばしてあげる事が、その子

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑