最初から両手で弾くことが大事な訳

公開日: : 最終更新日:2015/01/02 ピアノレッスン, 練習方法

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。

私達が子どもの頃も、そういう風に教わってきました。

しかし…

この癖をつけてしまうと、最初は片手ずつって、インプットされてしまい、ある程度弾けるようになっても、最初の譜読みは片手づつ、という事になってしまいます。

最初から、両手で弾くことで、初見も早くなります。

5歳のTちゃん。

両手を同時に弾くユニゾンが大好きで、一生懸命練習してきてくれます。

この間、クリスマスの曲を、間違ってしまう自分がもどかしく、泣きながら練習していた、とお母さんがおっしゃっていました。

レッスンの時はとても上手に弾けていて、満面の笑顔でした。

頑張り屋さんで、これからが楽しみです。

image

両手で弾く

という事は、ト音記号とヘ音記号を同時に読めなければいけません。

「子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2」の所で模様読みの事を書きました。

image

子ども達は、形で覚えるのが大得意です。

子ども達の好きな形から入ることが大切だと思います。

大人の方でも、理論で考えるより、形で覚えると譜読みが早くなります。

譜読みがなかなか出来ないと、弾く意欲がなくなってしまいますよね。

形でどのように覚えるのか?

詳しくは、また次回に書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、大人の方も子ども達も譜読みが楽しく出来るように、レッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。^_^

 

 

 

 

関連記事

リズムの重要性とは

《リズム》 音楽にはなくてはならないもの。 初歩の頃に、リズムを学ぶことは、先々のリズム

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

絵画のような絵本のご紹介

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^) 数多くある絵本の中で、

記事を読む

出張レッスンの利点とは

小学校2年生の生徒さん、幼稚園の頃から、ピアノ演奏付きの絵本読み聞かせが大好 きで、表現力がと

記事を読む

音を聞く力がつく方法 大人編

今回は音を聞く力がつく方法  大人編です。 耳コピってご存知ですか? 私は、ホテルやレス

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

譜読みが早くなるレッスン方法

グリュックピアノ教室では、幼児のお子様に楽しく譜読みが出来るように、工夫して レッスンしていま

記事を読む

心の中に秘めた表現力

言葉で言えないことを、何かで表現するのって素敵ですよね。 ピアニストでシンガーソングライターの

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑