男の子のレッスン

公開日: : 最終更新日:2015/11/07 ピアノレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。

絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入ってくれます。(o^^o)

でも譜読みの導入や、リズム打ちなどの時は、好奇心が旺盛なので、色んなことに興味津々。

あっちにもこっちにも興味が行ってしまいます。

ママが側にいると余計に…

この間のレッスンのとき、「K君、お兄ちゃんになってきたから、ママに隣のお部屋で聞いてて貰おっか〜?   1人でレッスン出来るかな〜?」って言うと、最初は「う〜ん…」って言ってたのですが、やってみると…

 

男の子は特に自分で何でもしたい!っていう気持ちが強いです。

DSCN0261

K君も、まだ3歳なのに、ちゃんとプライドを持っていて、初めてのことをする時は、とても慎重。

出来そうだな〜と思ったら、取り組む感じです。(^∇^)

自分でやり遂げることは、自信がつきます。

男の子は特に自分でやり遂げる、自分で乗り越えることを、多く経験すると、たくましさが身についてきます。

 

6歳になったY君。

楽譜を読むのが、すごく早いんです。(^∇^)

オ-ストリアの楽譜2

最近、練習も自分からしているみたいで、どんどん弾けるようになってきています。

自分で弾けるようになると、自信がついてきます。

レッスンが終わった後、お母さんとお話しをしていると、「僕、褒められてる?」ってちょっぴり不安そうに聞くんですよ。

男の子は特に、プライドを傷つかないように、言葉かけをしてあげる必要がありますよね。^o^

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを、心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ

関連記事

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

自分に自信が持てる子に育つ秘訣

『褒める事は、最も優れた、しつけの方法』 これは、幼児心理学者が語っていた言葉です。 褒

記事を読む

言葉かけの大切さ

環境って、とても大切です。 ピアノに限らず、何でもそうですが… 特にピアノのレッスンは、

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑