男の子のレッスン

公開日: : 最終更新日:2015/11/07 ピアノレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。

絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入ってくれます。(o^^o)

でも譜読みの導入や、リズム打ちなどの時は、好奇心が旺盛なので、色んなことに興味津々。

あっちにもこっちにも興味が行ってしまいます。

ママが側にいると余計に…

この間のレッスンのとき、「K君、お兄ちゃんになってきたから、ママに隣のお部屋で聞いてて貰おっか〜?   1人でレッスン出来るかな〜?」って言うと、最初は「う〜ん…」って言ってたのですが、やってみると…

 

男の子は特に自分で何でもしたい!っていう気持ちが強いです。

DSCN0261

K君も、まだ3歳なのに、ちゃんとプライドを持っていて、初めてのことをする時は、とても慎重。

出来そうだな〜と思ったら、取り組む感じです。(^∇^)

自分でやり遂げることは、自信がつきます。

男の子は特に自分でやり遂げる、自分で乗り越えることを、多く経験すると、たくましさが身についてきます。

 

6歳になったY君。

楽譜を読むのが、すごく早いんです。(^∇^)

オ-ストリアの楽譜2

最近、練習も自分からしているみたいで、どんどん弾けるようになってきています。

自分で弾けるようになると、自信がついてきます。

レッスンが終わった後、お母さんとお話しをしていると、「僕、褒められてる?」ってちょっぴり不安そうに聞くんですよ。

男の子は特に、プライドを傷つかないように、言葉かけをしてあげる必要がありますよね。^o^

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを、心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ

関連記事

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

年齢に応じて…

3歳のMちゃん。 少し恥ずかしがりやさん(^.^) ホームページを見て下さって、絵本の弾

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

嬉しい〜^o^ 生徒さんからのお手紙

生徒さんに貰った手紙で〜す。 これは1部で、もっとあるのですが… いつ貰っても嬉

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

得意な曲を最初に弾く事が大切な理由

レッスンの時、練習がよく出来た曲、好きな曲、などから弾いて貰うことは、大事な事だと思います。

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

自然の凄さ

自然とは… 山や海、草、木、などの意味もありますが、ありのままの〜こと(アナ雪じゃありませんが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑