遊びから学ぶ

公開日: : 最終更新日:2016/03/08 ピアノレッスン, レッスン方法

遊びから学ぶ

遊びは、想像力を育みます。

大人にとっては、遊びとは悪いイメージがありますよね〜

遊び人とか、仕事をしないなど…(^^;;

でも、子どもの遊びは違います^o^

子ども達の遊びは、学びの前段階。

楽しいと思う事で、自発的に行動してくれます。

ピアノレッスンの場合でも、音楽遊びは必須。

小さい子は、リトミック的に低音部でゾウさん、高音部でちょうちょになったり…

大好きな絵本も、子ども達にとっては遊びです。

ある程度音符が読めて、弾けるようになった子には、弾いている曲を、イメージを変えて練習して貰います。

例えば、「この曲を、大きい動物が弾いたら?  子犬が弾いたらどんな感じ?」など。

遊びを少しでも取り入れると、子ども達の目がキラッと輝きます(^∇^)

難しい読譜も遊び感覚で。
ふよみ

 

リズムも!

カ-ド音符

遊び感覚で学ぶと、好奇心がふくらみ、その好奇心が吸収力へと繋がります。

音楽遊びは、学びの土台。

2歳になったばかりのSちゃん。

image

好奇心旺盛で、自分の意思をしっかり持った女の子。

なんか楽しそ〜と思ったら「Sちゃんがしゅる〜」

勉強っぽいな、と思ったら「しましぇん!」

色んな道具で遊びを用いてレッスン。

image

お歌もどんどん上手になってきて、1回言った事は必ず覚えています。

吸収力が凄い!

読譜の導入のドミソシレファも、「ドミソシレファしましぇん!」

「ん?  覚えてるし^ ^」って感じです。(^∇^)

これからが楽しみです(o^^o)

グリュックピアノ教室では、子どもたちの心に寄り添った、ピアノレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

年齢に応じて…

3歳のMちゃん。 少し恥ずかしがりやさん(^.^) ホームページを見て下さって、絵本の弾

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑