個性が光る

公開日: : 最終更新日:2016/03/24 ピアノレッスン, 障がい児の音楽レッスン

発達障がいの男の子。

4歳になったばかりのN君。

レッスンを初めて、9ヶ月目。

慎重派のN君、最初の頃は不安になると、毛布を取りに行って指しゃぶりをしていました。

でもお家でのレッスンなので、安心感があります。

おもしろそうだなぁと思うと、またピアノの前に戻ってきてくれます。(^^)

お母さんは、グループレッスンより、お家での個人レッスンを希望されて、グリュックピアノ教室を見つけて下さいました。^o^

N君は結構しっかりしています。

自分で決めたい、主導権を握りたいタイプ。

N君の様なタイプは特に、子ども達が自分で考えて判断し、実行出来るレッスンにする事が大切だと思います。

レッスンの中で、何をするかが分かってきているN君は、私が「次は何する?」と聞くと…

「次はね〜ABCするの〜」

image「次は?」

「次は、カエルさんする〜」(読譜の導入です)

ふよみ

「次は絵本!」

image

「次はね〜タンタンする〜」(リズム打ちです)

カ-ド音符

 

最近はお家で、私の真似をしたり…σ(^_^;)

「ピアノの先生いつ来る?」とお母さんに聞いたりして、レッスンを楽しみにしてくれているそうです。

今は、毛布を取りに行くことも、指しゃぶりもありません。(⌒▽⌒)

子ども達にはそれぞれ個性があります。(^∇^)

グリュックピアノ教室では、その個性を引き出せるレッスンにいしていく事を心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい^o^

関連記事

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

習い事の意味とは

習い事。 お母さんの立場に立った時、たくさんある習い事の中で、お子さんに合う事を探すのは、悩む

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

得意な曲を最初に弾く事が大切な理由

レッスンの時、練習がよく出来た曲、好きな曲、などから弾いて貰うことは、大事な事だと思います。

記事を読む

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑