個性が光る

公開日: : 最終更新日:2016/03/24 ピアノレッスン, 障がい児の音楽レッスン

発達障がいの男の子。

4歳になったばかりのN君。

レッスンを初めて、9ヶ月目。

慎重派のN君、最初の頃は不安になると、毛布を取りに行って指しゃぶりをしていました。

でもお家でのレッスンなので、安心感があります。

おもしろそうだなぁと思うと、またピアノの前に戻ってきてくれます。(^^)

お母さんは、グループレッスンより、お家での個人レッスンを希望されて、グリュックピアノ教室を見つけて下さいました。^o^

N君は結構しっかりしています。

自分で決めたい、主導権を握りたいタイプ。

N君の様なタイプは特に、子ども達が自分で考えて判断し、実行出来るレッスンにする事が大切だと思います。

レッスンの中で、何をするかが分かってきているN君は、私が「次は何する?」と聞くと…

「次はね〜ABCするの〜」

image「次は?」

「次は、カエルさんする〜」(読譜の導入です)

ふよみ

「次は絵本!」

image

「次はね〜タンタンする〜」(リズム打ちです)

カ-ド音符

 

最近はお家で、私の真似をしたり…σ(^_^;)

「ピアノの先生いつ来る?」とお母さんに聞いたりして、レッスンを楽しみにしてくれているそうです。

今は、毛布を取りに行くことも、指しゃぶりもありません。(⌒▽⌒)

子ども達にはそれぞれ個性があります。(^∇^)

グリュックピアノ教室では、その個性を引き出せるレッスンにいしていく事を心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい^o^

関連記事

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

繰り返す事の大切さ

子ども達は、同じ事を繰り返す事で覚える。 幼児期の絵本の読み聞かせなどもそうです。 お家

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

出張レッスンのニーズが増えている理由とは

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンをしています。 上のお子様にピアノを

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

障がい児デイサービスでの1コマ

障がい児のデイサービスや、リトミックでよく使うフラフープ。 1、2歳から小学生まで、みんな大好

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑