個性が光る

公開日: : 最終更新日:2016/03/24 ピアノレッスン, 障がい児の音楽レッスン

発達障がいの男の子。

4歳になったばかりのN君。

レッスンを初めて、9ヶ月目。

慎重派のN君、最初の頃は不安になると、毛布を取りに行って指しゃぶりをしていました。

でもお家でのレッスンなので、安心感があります。

おもしろそうだなぁと思うと、またピアノの前に戻ってきてくれます。(^^)

お母さんは、グループレッスンより、お家での個人レッスンを希望されて、グリュックピアノ教室を見つけて下さいました。^o^

N君は結構しっかりしています。

自分で決めたい、主導権を握りたいタイプ。

N君の様なタイプは特に、子ども達が自分で考えて判断し、実行出来るレッスンにする事が大切だと思います。

レッスンの中で、何をするかが分かってきているN君は、私が「次は何する?」と聞くと…

「次はね〜ABCするの〜」

image「次は?」

「次は、カエルさんする〜」(読譜の導入です)

ふよみ

「次は絵本!」

image

「次はね〜タンタンする〜」(リズム打ちです)

カ-ド音符

 

最近はお家で、私の真似をしたり…σ(^_^;)

「ピアノの先生いつ来る?」とお母さんに聞いたりして、レッスンを楽しみにしてくれているそうです。

今は、毛布を取りに行くことも、指しゃぶりもありません。(⌒▽⌒)

子ども達にはそれぞれ個性があります。(^∇^)

グリュックピアノ教室では、その個性を引き出せるレッスンにいしていく事を心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい^o^

関連記事

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

指先を使う事は何故良いのか

大人の生徒さん、Tさん。 クラシック音楽が大好きな、70代の女性です。 高校生の頃に学校

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

自分に自信が持てる子に育つ秘訣

『褒める事は、最も優れた、しつけの方法』 これは、幼児心理学者が語っていた言葉です。 褒

記事を読む

何故、表現力が大切なのか

ピアノ演奏に大切な表現力。 表現力豊かな、小学校2年生のKちゃん。 幼稚園の頃から音楽付

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

仲良く、時には刺激も必要…

姉妹でレッスンを受けてくれている生徒さんが何組かいらっしゃいます。^o^ お姉ちゃんが最初に習

記事を読む

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑