個性が光る

公開日: : 最終更新日:2016/03/24 ピアノレッスン, 障がい児の音楽レッスン

発達障がいの男の子。

4歳になったばかりのN君。

レッスンを初めて、9ヶ月目。

慎重派のN君、最初の頃は不安になると、毛布を取りに行って指しゃぶりをしていました。

でもお家でのレッスンなので、安心感があります。

おもしろそうだなぁと思うと、またピアノの前に戻ってきてくれます。(^^)

お母さんは、グループレッスンより、お家での個人レッスンを希望されて、グリュックピアノ教室を見つけて下さいました。^o^

N君は結構しっかりしています。

自分で決めたい、主導権を握りたいタイプ。

N君の様なタイプは特に、子ども達が自分で考えて判断し、実行出来るレッスンにする事が大切だと思います。

レッスンの中で、何をするかが分かってきているN君は、私が「次は何する?」と聞くと…

「次はね〜ABCするの〜」

image「次は?」

「次は、カエルさんする〜」(読譜の導入です)

ふよみ

「次は絵本!」

image

「次はね〜タンタンする〜」(リズム打ちです)

カ-ド音符

 

最近はお家で、私の真似をしたり…σ(^_^;)

「ピアノの先生いつ来る?」とお母さんに聞いたりして、レッスンを楽しみにしてくれているそうです。

今は、毛布を取りに行くことも、指しゃぶりもありません。(⌒▽⌒)

子ども達にはそれぞれ個性があります。(^∇^)

グリュックピアノ教室では、その個性を引き出せるレッスンにいしていく事を心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい^o^

関連記事

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

モチベーションを持続させる秘訣とは

ピアノレッスンで、モチベーションを持続して貰うには… 達成感を感じとれる経験が出来るように、工

記事を読む

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑