即興のコツとは

公開日: : 最終更新日:2016/02/24 ピアノレッスン, 大人の方のピアノレッスン

即興演奏

その場で、即興的に曲を創作して演奏すること。インプロビゼーション。

こう書くと、難しく思ってしまいますが…

強いて言えば、何でも即興、つまり何でもありなんです。

絵本の嵐の部分に太鼓で、ドドドド〜ン、これも即興です。

グリュックピアノ教室では、絵本の即興演奏付き読み聞かせをしています。

生徒さん達は「次は◯◯ちゃんが弾いてみて〜」と言うと、自分でも絵本に合った即興を楽しそうに弾いてくれます。

絵本は、表現力の宝庫。

心豊かな子ども達の想像力をかき立てます。

特に、大人が見ても綺麗だと思える絵画のような絵本を使うこと(^O^)

即興をする場合のポイントとしては…

答えを見つけない。

即興に正解はありません。

グリュックピアノ教室では、保育士をしている生徒さんもレッスンしています^o^

image

 

幼稚園や、保育園では、毎年2月に劇をする園が多いみたいですね。

絵本などを題材にして、効果音や、場面に合った曲を作っていくのですが、まだ今は私が作った曲を、音をそのまま取って貰っている状態です。

徐々に自分で作っていけるように、レッスンしていきます。

大人は恥ずかしさが先に出てきてしまった場合、それが壁になってなかなか作ることが出来ませんσ^_^;

変かな?どう思われるかな?という気持ちは、大人にあっても子ども達にはあまりありません。

即興のコツは色々ありますが、子どもの心に帰る、子ども達のように真っ白な心で音楽と向き合うこと。

そうすれば、自分の中にある素敵なメロディーに必ず出会えます(^∇^)

グリュックピアノ教室では、1歳半のお子様から大人の方までレッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい^ ^

 

関連記事

子ども達にこそ本物を

音楽、絵画、それから絵本、など… 大人が感動する物は、子ども達も感動します。 本物を子ど

記事を読む

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

大人も子どもも真似っこ演奏で上達

この間、「子ども達は真似の天才」と書きました。 これは、大人も子ども程ではありませんが、真似を

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑