音を聞く力がつく方法 その2

公開日: : 最終更新日:2014/07/03 練習方法

音を聞く力は、ピアノ演奏にも大事ですが、歌う事にもとても大切な事です。

吸収力の良い幼児期に、聞く力がつく事で、音楽以外でも、じっくり話が聞けるよう

になります。

4歳のになちゃんは、レッスンの中でも歌を歌うのが、とても好きです。

元気いっぱいに歌ってくれます。可愛い〜ですよね〜(^O^)

でも、一生懸命に歌おうとし過ぎて、音が一定になってしまいます。

幼稚園などで、先生が、元気に歌いましょう!と言って、元気いっぱいに、一定の音程

で歌っている園児達を、見たことはありませんか?

image

それを聞いて、お母さん達は、自分のお子様が音程がとれないのでは?と思われるそ

うです。

になちゃんのママも、そう思われていたみたいです。(^_^;)

大きな声で、とか元気に歌いましょう!とかって言ってしまうと、そうなっちゃうんで

すよね(;^_^A

ピアノの音を聞きながら、「よく聞いてね〜」と言って、その音に合わせて歌うと、

徐々に、音程が分かってきます。

それから、音の高さを手で見せて、上がったよ〜下がったよ〜など、言ってあげると

だんだん音階の高さが合ってくるようになります。

元気にではなく、綺麗に歌ってみよう!って言うと、音に合わせて綺麗に歌ってくれま

す。

になちゃんも、上手に歌えるようになってきましたよ^o^

大人の方でも、自分は歌うのが苦手だと思われている方、なんでも良いので、楽器を

使って、音階に合わせて自分の声を聞いて、歌う練習をしてみて下さい。

自分の声を聞く力がつくと、音階が分かってくるので、歌うのが苦手じゃなくなるか

も…(o^^o)

グリュックピアノ教室では、吹田市、豊中市で出張ピアノレッスンをしています。

ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね(*^^*)

 

 

 

関連記事

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その3

子ども達が練習をやる気になる方法   その3 その1    練習回数を、自分で決める その2  

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

楽譜を読むよみ方は、子どもと大人では違う、と以前に書きました。 まず、大きなリズムボードで、リ

記事を読む

音を聞く力がつく方法 大人編

今回は音を聞く力がつく方法  大人編です。 耳コピってご存知ですか? 私は、ホテルやレス

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑