Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 出張ピアノ教室, 幼児教育, 練習方法

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2

プチ ライバルを作る

これは、妹さんでもお友達でも、お母さんでも結構です。

ポイントはレベルが同じくらいであること。

そして プチ であることもポイントです。

ライバルと言っても、やる気になってくれる事が目的なので…

子ども達はもう少し頑張れば、と思うとがんばってくれます。

その1でも書きましたが、いきなり大きな目標ではなく、少しずつ見える目標にする事で、やれば出来る! がどんどん増えて、自身にも繋がっていきます。

勉強でも同じなのではないかと思います。

ピアノの場合は、弾きあいっこしたりして、聞き合うことがとても大事ですね。

 

5歳のちーちゃんは、少し負けず嫌い(^ω^)

負けず嫌いがプンプンな感じではなく、プチ負けず嫌い。

なので、プチライバルが必要なんです。

 

image

 

レッスンの時に、初見で上手く弾ける曲はやる気になるけど、ちょっと難しいと

ふにゃ〜ってなっちゃいます。(*^^*)

そこで、プチライバルのちょうど適任は?

いたいた〜

お母さんです。(^∇^)

ピアノを習いたいと、昔から思っていたけど、その機会を逃してしまって、今すごくやりたい!と…

「お母さんにも弾いて貰おう! 」って言って同じ曲を、弾いて貰いました。

お母さん、少し緊張気味…(;^_^A

そして、ちーちゃんにも弾いて貰い、お母さんの演奏の良さと、ちーちゃんの良い部分を伝えました。

「ちーちゃんは手首がやわらかくて、音と音が繋がって弾けてたよ〜

それから音もとっても綺麗だったよ〜」(グリュックピアノ教室では、幼児期の初歩の

頃から、手首の柔軟、綺麗な音で弾くことを、重視しています。)

褒められて、ち〜ちゃんにんまり〜(^.^)

そして、もう1回弾いて貰うと…

褒めてもらえた、手首の柔軟や、スラーで弾くことが、さっきよりも、もっと上手になっていました。

良い感じ〜(^.^)

やる気になってきました〜(^O^)

その3

良いところを褒める

次回はその3です〜(*^^*)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添った、ピアノレッスンを心掛けて

います。

吹田市、豊中市、摂津市で出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合わせ

くださいねV(^_^)V

 

 

関連記事

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

モチベーションをアップさせる魔法の言葉とは

モチベーションをアップさせる↗︎↗︎↗︎ 「褒める」 この事は、皆さん実践されて

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2

以前の、楽しく楽譜を読めるようになる方法では、子ども達が理解しやすい、リズムカ-ドのことを書きました

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

魔法の力

ハグの威力。 日本人はあまりしませんが、この威力は魔法のようです。 日本人は、欧米人に比

記事を読む

個性を伸ばす

子ども達には、みんなそれぞれ拘りがあります。 このこだわりに気付き、伸ばしてあげる事が、その子

記事を読む

上手な褒め方の秘訣とは

「ほめる」 ほめる事は、ピアノ教室だけではなく、子ども達のやる気を促す、最も大事な事です。

記事を読む

ピアノを弾く事を楽しめるコツ

色んなものをアレンジするのって、楽しいですよね。 お料理とか、部屋のアレンジとか… 曲も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑