子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

公開日: : 最終更新日:2014/12/26 特別なレッスン方法, 練習方法

楽譜を読むよみ方は、子どもと大人では違う、と以前に書きました。

まず、大きなリズムボードで、リズムのしくみを理解し、毎回レッスンの時にリズムカードを使って、リズム打ちをする事で、音符読みが早くなります。

そしてリズムの次は、問題の5線譜読みです。

これも、大きな5線譜ボードで最初は遊び感覚で音符に見たてた磁石を貼りつけたりして遊びます。

5線譜に慣れたところで、最初はト音記号の線の音から覚えていきます

まず、線の音、真ん中のドから始まり、ドミソシレファ。これを呪文のように覚える事からはじめます。

お家での練習でも、呪文のように言ってもらいます。

この時おもしろいのが、ドミソシレファとそのまま言う子、ごみソシレフファと言って覚える子、おみそしるは、と言ってふざけながら覚える子、とさまざまです。

でもこれが、不思議とちゃんと覚えるんですよね〜

coco_convert_20140525132718

 

 

 

 

 

 

 

次は、ヘ音記号の線の音、ソシレファラドです。

これも同じように、呪文のように言って覚えます。

呪文のようにとか、早口言葉でとか、言うことで、子ども達は楽しみながら覚えてくれます。このようにして、次は間の音を…というように増やしていきます。

この覚え方で、譜読みがあまり得意ではない、と言っていた生徒さんのお母様が、ご自分も、譜読みが早くなって嬉しいと、言っておられました。

これは、大人でも早く読める方法です。

吹田市のグリュックピアノ教室では、楽しい事が表現力、集中力に繋がる一番の事だと考えています。

譜読み以外でも、絵本を使って表現力をアップしたり、子ども達が楽しめるレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいのご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

関連記事

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

ピアノ教室と幼児教育

幼児期の子ども達のお母様が、ピアノ教室に望んでいらっしゃる事は、上手にピアノ が弾けるようにな

記事を読む

幼い生徒さんのレッスンの秘訣

昨日は、4歳のみうちゃんと、妹のももちゃんのレッスンの日でした。 ももちゃんは、2歳なので、今

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

手の形が良くなるコツとは

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。 お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

ピアノを弾けるようになる為には、楽譜を読めるようにならなければいけません。 当たり前でしょって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑