音を聞く力がつく方法 その1

公開日: : 最終更新日:2014/07/02 リトミックレッスン, 出張ピアノ教室, 練習方法

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、長所を伸ばす法、つまり、良いところを伸ばしていく事

で、練習もやる気になるし、上達が早い

と考えています。

練習をやる気になる方法 その3 のところで書きましたが、

5歳のち-ちゃんは、音を聞く力がすご〜くついてきました。

 

image

 

2歳と3歳の時に、絵本リトミックにも来てくれていて、今もレッスンの最初の絵本

の弾き語りを楽しみにしてくれています。

グリュックピアノ教室が特に重視している、絵本の場面に合ったピアノ演奏を聞きな

がらの読み聞かせは、聞く力を育ててくれます。

音を聞く力がつくとは…

音楽を心で感じることが出来るようになる、という事です。

そして、綺麗な音で弾けている(グリュックピアノ教室では、手首の柔軟などを意識

して、綺麗な音で弾くことを、重視しています。)  とか、リズムがおかしいとか、

音を聞き分けることができること、

これはピアノ演奏に最も大切なことです。

そして、幼児期につけることで、後々の上達アップにも繋がります。

音楽の聞く力がついてくると、小学校に上がっても、先生の話をじっくりよく聞く

などにもつながっていくと思います。

続きは、次回その2で書きま〜す。(*^_^*)

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れたピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合

わせくださいね(o^^o)

お待ちしていま〜す(*^o^*)

関連記事

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

国語力も育つ、ピアノレッスンとは

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにも、リトミックレッスンでも、ピアノ 演奏付き、絵本の

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

表現力アップの秘訣とは

昨日は父の日でしたが、皆さん何かプレゼントをされましたか? 私はごちそうを作って、手紙付きでプ

記事を読む

何故、ピアノのレッスンに絵本を使うのか

グリュックピアノ教室では、ピアノのレッスンにもリトミックレッスンにも、必ず 絵本を使います。

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

上手な褒め方の秘訣とは

「ほめる」 ほめる事は、ピアノ教室だけではなく、子ども達のやる気を促す、最も大事な事です。

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その2

音を聞く力は、ピアノ演奏にも大事ですが、歌う事にもとても大切な事です。 吸収力の良い幼児期に、

記事を読む

絵本を使ったピアノレッスンとは(動画付き)

グリュックピアノ教室では、絵本の弾き語りをレッスンに取り入れています。 絵本の弾き語りとは..

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑