Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

音を聞く力がつく方法 その1

公開日: : 最終更新日:2014/07/02 リトミックレッスン, 出張ピアノ教室, 練習方法

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、長所を伸ばす法、つまり、良いところを伸ばしていく事

で、練習もやる気になるし、上達が早い

と考えています。

練習をやる気になる方法 その3 のところで書きましたが、

5歳のち-ちゃんは、音を聞く力がすご〜くついてきました。

 

image

 

2歳と3歳の時に、絵本リトミックにも来てくれていて、今もレッスンの最初の絵本

の弾き語りを楽しみにしてくれています。

グリュックピアノ教室が特に重視している、絵本の場面に合ったピアノ演奏を聞きな

がらの読み聞かせは、聞く力を育ててくれます。

音を聞く力がつくとは…

音楽を心で感じることが出来るようになる、という事です。

そして、綺麗な音で弾けている(グリュックピアノ教室では、手首の柔軟などを意識

して、綺麗な音で弾くことを、重視しています。)  とか、リズムがおかしいとか、

音を聞き分けることができること、

これはピアノ演奏に最も大切なことです。

そして、幼児期につけることで、後々の上達アップにも繋がります。

音楽の聞く力がついてくると、小学校に上がっても、先生の話をじっくりよく聞く

などにもつながっていくと思います。

続きは、次回その2で書きま〜す。(*^_^*)

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れたピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合

わせくださいね(o^^o)

お待ちしていま〜す(*^o^*)

関連記事

子ども達の心に寄り添うピアノレッスンとは

5歳になったばかりのミウちゃんは、負けず嫌いで頑張り屋さん(*^_^*) 2つ違いの、

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣

ピアノを演奏する時に大事なことは何だと思われますか? 楽譜を読むこと、リズム感なども、もちろん大切

記事を読む

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

障がい児デイサービスでの1コマ

障がい児のデイサービスや、リトミックでよく使うフラフープ。 1、2歳から小学生まで、みんな大好

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

手首の脱力、オバケの手!とは

以前に、綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣、の所で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、幼

記事を読む

音楽を身体で感じることの大切さ

リズム感が良い人は、体で音楽を感じることが自然に出来ています。 ブラックミュージックや、ブルー

記事を読む

ピアノレッスンに必要な、質の高い絵本とは

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにもリトミックレッスンにも、絵本を使っています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑