音を聞く力がつく方法 その1

公開日: : 最終更新日:2014/07/02 リトミックレッスン, 出張ピアノ教室, 練習方法

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、長所を伸ばす法、つまり、良いところを伸ばしていく事

で、練習もやる気になるし、上達が早い

と考えています。

練習をやる気になる方法 その3 のところで書きましたが、

5歳のち-ちゃんは、音を聞く力がすご〜くついてきました。

 

image

 

2歳と3歳の時に、絵本リトミックにも来てくれていて、今もレッスンの最初の絵本

の弾き語りを楽しみにしてくれています。

グリュックピアノ教室が特に重視している、絵本の場面に合ったピアノ演奏を聞きな

がらの読み聞かせは、聞く力を育ててくれます。

音を聞く力がつくとは…

音楽を心で感じることが出来るようになる、という事です。

そして、綺麗な音で弾けている(グリュックピアノ教室では、手首の柔軟などを意識

して、綺麗な音で弾くことを、重視しています。)  とか、リズムがおかしいとか、

音を聞き分けることができること、

これはピアノ演奏に最も大切なことです。

そして、幼児期につけることで、後々の上達アップにも繋がります。

音楽の聞く力がついてくると、小学校に上がっても、先生の話をじっくりよく聞く

などにもつながっていくと思います。

続きは、次回その2で書きま〜す。(*^_^*)

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れたピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合

わせくださいね(o^^o)

お待ちしていま〜す(*^o^*)

関連記事

暗譜が早くなるコツとは

暗譜って? 皆さんご存知だと思いますが、簡単に言うと、楽譜を見ないで、覚えて弾く事です。

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

ピアノ教室と幼児教育

幼児期の子ども達のお母様が、ピアノ教室に望んでいらっしゃる事は、上手にピアノ が弾けるようにな

記事を読む

手の形が良くなるコツとは

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。 お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお

記事を読む

子ども達は楽しむ天才

子ども達はくっつく物が大好き。(*^◯^*) グリュックピアノ教室が、リズムや拍子を楽しく学ぶ

記事を読む

出張レッスンの良さ(大人の方も)

大人の方でも、出張レッスンを好まれる方がおられます。 70代の女性の生徒さん、高校生までピアノ

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑