子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 練習方法

以前の、楽しく楽譜を読めるようになる方法では、子ども達が理解しやすい、リズムカ-ドのことを書きました。image

今回は、5線譜ボ-ドです。

グリュックピアノ教室では、ピアノを習い初めの幼児期の生徒さんには、この大きな5線譜ボ-ドで、色んな模様を作って遊んで貰います。

子ども達は、黒と黄色の磁石しかないのに、びっくりするくらい素敵な模様を作ってくれます。

これは、ただ遊んでいるのではありません。

この模様を作るのが大切なのです。

楽譜は、模様のようだと言う人がいますよね。

私の知り合いで、楽譜は読めないけど、集めている人がいます。

その人は楽譜は絵画のよう、と言っていました。

よくアンティークショップのお店で、ヨ-ロッパの蚤の市などで買い付けした、楽譜が売られていますよね。

imageそれらを買う人は、楽譜を芸術品と見ているようです。

確かに楽譜って何かの模様のようですよね。

子ども達も、そう思っているんですよ(^∇^)

上がったり下がったりしている模様…

音程読みは、模様読みと言っても良いくらいです。

模様のように読む練習をする事で、譜読みが早くなります。^_^

ただ、この上がったり下がったりが子ども達には難しく、大きな5線譜ボ-ドを使って、楽しみながら理解していく必要があります。

以前に書いた、呪文のようにドミソシレファ!

の後は、模様読みです。

その時の為にも、初めの時期に、模様を作って遊んでおくことが、とても重要なんですよ♪(v^_^)v

日常生活でも、遊びから学ぶ事はたくさんありますよね。

子ども達の心がどこを向いているのか、常に考えてあげたいな〜と思っています。

グリュックピアノ教室では、吹田市を中心に、豊中市、摂津市でも出張レッスンをしています。

ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちしています〜(*^^*)

 

関連記事

出張レッスンの利点とは

小学校2年生の生徒さん、幼稚園の頃から、ピアノ演奏付きの絵本読み聞かせが大好 きで、表現力がと

記事を読む

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

手の形が良くなる練習方法、ショパンの手とは?

前回に少し触れましたが、ショパンの手! で手の形が良くなる、と書きました。 どのようにし

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

子ども達が上達するコツ

ピアノ教室は他の習い事よりも、お家での練習が大事です。 でも「練習してきてね」だけではお家で練

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑