音を聞く力がつく方法 大人編

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 出張ピアノ教室, 絶対音感, 練習方法

今回は音を聞く力がつく方法  大人編です。

耳コピってご存知ですか?

私は、ホテルやレストランの演奏の仕事で、突然、あまり知らない曲をリクエストさ

れた時、休憩中によくやります。

image

YouTubeで、曲を聞いて楽譜におこしていきます。

休憩中なので、急いで…(^^;;

でも実は、耳コピって、こういう時だけではなく、音を聞く力をつける事にも役に立

つんですよね(^O^)

って言っても難しいんじゃないの? 耳コピって(^_^;)

と思っている人が多いと思います。

でも思っているよりやってみたら、みんな出来るようになります。

小学校高学年や中学生くらいの生徒さんで、ピアノレッスン倦怠期の時期には、やる

気も出て、耳も良くなるし、一石二鳥ですね。V(^_^)V

でも好きな曲じゃないと、やる気になってくれませんけど…(;^_^A

好きな曲だと、良く聞いているので、早く出来ます。

最初はメロディ、その次はその中のピアノの音、とか、パーカッションのリズム、

とか…

最終的には、一緒にコードをつけて曲を完成させます。

生徒さん達は、自分で書いた楽譜を見て演奏する事を、ちょっと誇らしげな様子で

す。(*^o^*)

耳コピを何度もしていると、耳の訓練にもなります。

今まで全体で把握していた曲を、その中の音を探すっていう作業をするわけですから

(^O^☆♪

音符を書く練習にもなります。

大人になってからや、高学年の子ども達の耳の訓練には、この耳コピが一番良いので

はないかと思います。

次回は、2歳から6歳半までの間にしかつける事ができない、絶対音感のお話をしたい

と思います。

グリュックピアノ教室では、吹田市、豊中市を中心に、枚方市でも出張ピアノレッス

ンをしています。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね(*^^*)

お待ちしていま〜す=(^.^)=

 

 

 

関連記事

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

手の形が良くなる練習方法、ショパンの手とは?

前回に少し触れましたが、ショパンの手! で手の形が良くなる、と書きました。 どのようにし

記事を読む

幼児期にしか身につかないこと、それは…

私の父も母も音楽好きで、私がお腹にいる時から、クラシックやポピュラーなど 色んな音楽を聞かせて

記事を読む

上手な褒め方の秘訣とは

「ほめる」 ほめる事は、ピアノ教室だけではなく、子ども達のやる気を促す、最も大事な事です。

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

音を聞く力がつく方法 ( 絶対音感とは)

今回の音を聞く力がつく方法は… 絶対音感編です。   絶対音感っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑