Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

綺麗な音色で弾くコツとは

公開日: : 練習方法

ピアノを弾く時に、綺麗な音色を出す為に大事なことは…

手首の脱力や弾く前に指を鍵盤から離れないようにすること、などなど。

綺麗な音色の出し方がわからないと、せっかく表現力がついてきても、表現を表す

ことが出来ません。

グリュックピアノ教室では、ピアノを弾く時に大事な手首の脱力や指の形なども、

初歩の幼児期の頃から、わかりやすく楽しんで出来るようにレッスンしています。

 

image

 

手首の脱力が出来ていると、スタッカートでも、とても綺麗に弾いてくれます。

以前、「手の形が良くなる方法、ショパンの手!とは」、でも書きましたが、

ショパンが教え子に教えていたこと、語っていたことは、素晴らしいメソッドで、

なるほど〜と思えることがたくさんあり、レッスンに応用させて貰っています。

その中の1つで、ショパンが指のことで言っていたこと、弾く前に、指が鍵盤にくっ

ついていること。

小さなお子様は、指の力がまだ弱いので、音を出す為に鍵盤から指を離して、強く

たたこうとしてしまいます。

弾く前に、指をくっつけたまま弾くことで、音色も綺麗になり、リズムの安定も図れ

ます。

このことを、シールを使ったりして、子ども達にもわかりやすく、楽しめるように

説明する必要があります。

鍵盤の手前で弾くことも大切で、白鍵ばかりではなく、黒鍵での練習も必要です。

自分が弾いた音が、綺麗な音かどうか、綺麗な音とそうでない音を聞き比べることも

大切だと思います。

グリュックピアノ教室では、幼児期の頃から、表現力はもちろんのこと、綺麗な音色

で演奏することを重要視しています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね。

(o^^o)

 

 

 

 

 

関連記事

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その2

音を聞く力は、ピアノ演奏にも大事ですが、歌う事にもとても大切な事です。 吸収力の良い幼児期に、

記事を読む

綺麗な音を出す秘訣とは

綺麗な音で弾くこと。 グリュックピアノ教室が大切にしている事です。 どうすれば綺麗な音が

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

ピアノを弾けるようになる為には、楽譜を読めるようにならなければいけません。 当たり前でしょって

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑