綺麗な音色で弾くコツとは

公開日: : 練習方法

ピアノを弾く時に、綺麗な音色を出す為に大事なことは…

手首の脱力や弾く前に指を鍵盤から離れないようにすること、などなど。

綺麗な音色の出し方がわからないと、せっかく表現力がついてきても、表現を表す

ことが出来ません。

グリュックピアノ教室では、ピアノを弾く時に大事な手首の脱力や指の形なども、

初歩の幼児期の頃から、わかりやすく楽しんで出来るようにレッスンしています。

 

image

 

手首の脱力が出来ていると、スタッカートでも、とても綺麗に弾いてくれます。

以前、「手の形が良くなる方法、ショパンの手!とは」、でも書きましたが、

ショパンが教え子に教えていたこと、語っていたことは、素晴らしいメソッドで、

なるほど〜と思えることがたくさんあり、レッスンに応用させて貰っています。

その中の1つで、ショパンが指のことで言っていたこと、弾く前に、指が鍵盤にくっ

ついていること。

小さなお子様は、指の力がまだ弱いので、音を出す為に鍵盤から指を離して、強く

たたこうとしてしまいます。

弾く前に、指をくっつけたまま弾くことで、音色も綺麗になり、リズムの安定も図れ

ます。

このことを、シールを使ったりして、子ども達にもわかりやすく、楽しめるように

説明する必要があります。

鍵盤の手前で弾くことも大切で、白鍵ばかりではなく、黒鍵での練習も必要です。

自分が弾いた音が、綺麗な音かどうか、綺麗な音とそうでない音を聞き比べることも

大切だと思います。

グリュックピアノ教室では、幼児期の頃から、表現力はもちろんのこと、綺麗な音色

で演奏することを重要視しています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね。

(o^^o)

 

 

 

 

 

関連記事

手首の脱力、オバケの手!とは

以前に、綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣、の所で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、幼

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2

以前の、楽しく楽譜を読めるようになる方法では、子ども達が理解しやすい、リズムカ-ドのことを書きました

記事を読む

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣

ピアノを演奏する時に大事なことは何だと思われますか? 楽譜を読むこと、リズム感なども、もちろん大切

記事を読む

出張レッスンの利点とは

小学校2年生の生徒さん、幼稚園の頃から、ピアノ演奏付きの絵本読み聞かせが大好 きで、表現力がと

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

指と手首とタッチの関係

ピアノを弾く時に大切な指の動きについて。 ピアノを奏でる時に重要な、鍵盤を押さえるタッチのこと

記事を読む

手の形が良くなるコツとは

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。 お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑