譜読みが早くなるレッスン方法

公開日: : 出張ピアノ教室, 練習方法

グリュックピアノ教室では、幼児のお子様に楽しく譜読みが出来るように、工夫して

レッスンしています。

まず、みんな大好きな、大きなホワイトボードでのリズムカードでリズム打ち。

 

image

4分音符や2分音符、長さがそれぞれ違うので、子ども達にわかりやすく、覚えやすい

んです。

次に、5線譜も大きなホワイトボードで。

image

 

最初にト音記号の線の音、ドミソシレファ!

次にヘ音記号のソシレファラド!

その次は間の音など、4つを覚える事で、全部の音符が読めます。

「早口言葉で〜」とか言うと、子ども達は面白そうに覚えてくれます。(*^o^*)

呪文のように覚えたら、次は…

「目をつぶって〜   カエルに変身したのは何の音?」と言って、ドミソシレファに

並べた音符の1つを、カエルの音符に変身させて、子ども達に質問します。

子ども達は、変身!とか大好きなので、「ソ!  シ!」ってどんどん覚えてくれます。

その後は、音程読みなどを加えていきます。

譜読みは、難しいのですが、子ども達にわかりやすく、楽しく、そして丁寧に

レッスンすることで、確実に、早く覚えることが出来ます。

グリュックピアノ教室は吹田市を中心に出張専門でレッスンしています。

子ども達が楽しんで学べる、ピアノ教室です。

ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちししていま〜す(^o^)/

 

 

 

関連記事

子ども達が練習をやる気になる方法 その1

ピアノ教室は、他の習い事とは少し違って、お家で練習して貰う必要があります。 でもこの練習、特に

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その3

子ども達が練習をやる気になる方法   その3 その1    練習回数を、自分で決める その2  

記事を読む

ピアノ教室と幼児教育

幼児期の子ども達のお母様が、ピアノ教室に望んでいらっしゃる事は、上手にピアノ が弾けるようにな

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑