譜読みが早くなるレッスン方法

公開日: : 出張ピアノ教室, 練習方法

グリュックピアノ教室では、幼児のお子様に楽しく譜読みが出来るように、工夫して

レッスンしています。

まず、みんな大好きな、大きなホワイトボードでのリズムカードでリズム打ち。

 

image

4分音符や2分音符、長さがそれぞれ違うので、子ども達にわかりやすく、覚えやすい

んです。

次に、5線譜も大きなホワイトボードで。

image

 

最初にト音記号の線の音、ドミソシレファ!

次にヘ音記号のソシレファラド!

その次は間の音など、4つを覚える事で、全部の音符が読めます。

「早口言葉で〜」とか言うと、子ども達は面白そうに覚えてくれます。(*^o^*)

呪文のように覚えたら、次は…

「目をつぶって〜   カエルに変身したのは何の音?」と言って、ドミソシレファに

並べた音符の1つを、カエルの音符に変身させて、子ども達に質問します。

子ども達は、変身!とか大好きなので、「ソ!  シ!」ってどんどん覚えてくれます。

その後は、音程読みなどを加えていきます。

譜読みは、難しいのですが、子ども達にわかりやすく、楽しく、そして丁寧に

レッスンすることで、確実に、早く覚えることが出来ます。

グリュックピアノ教室は吹田市を中心に出張専門でレッスンしています。

子ども達が楽しんで学べる、ピアノ教室です。

ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちししていま〜す(^o^)/

 

 

 

関連記事

見守る事の大切さ

私は朝はパン派です。パン好きで特に天然酵母パンが大好きです(*^_^*) 毎日ホームベーカリー

記事を読む

表現力アップの秘訣とは

昨日は父の日でしたが、皆さん何かプレゼントをされましたか? 私はごちそうを作って、手紙付きでプ

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

ピアノを弾けるようになる為には、楽譜を読めるようにならなければいけません。 当たり前でしょって

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑