リズム感が良くなる方法(大人編)

公開日: : 最終更新日:2015/09/07 ピアノレッスン, 大人の方のピアノレッスン

リズム感が良くなる方法。

今日は大人編。

色々ありますが…

意識すると、リズム感が良くなるのは、大人になってからでも遅くないんですよ〜

ミンケパット

例えば…

包丁で切る時に1234・1234とリズミカルに切ってみるとか…

意識するとしないとで、格段に違います。

もっと効果的なのは、1と2と3と4と…

裏拍を感じること。

これは8ビートのリズムですが、を強く意識することがポイント。

 

好きな曲をかけて、歌詞を歌わずに、1・2・3・4…1・2・3・4・…

次は1と2と3と4と…って感じで手拍子をする、など…

これだけでもリズム感が少しずつ鍛えられていきます。^_^

そして、意外と音楽に関係ないと思われていることでリズム感が鍛えられることもあるんです。

それは…

縄跳びです。

image

縄跳びはリズム良く飛ばないと、ひっかかってしまいますよね

特に2重跳び。リズムが狂うと飛べません…^_^;

2重跳びが無理でも、右・右・左・左と続けて飛びながら、1・2・1・2…

1と2と3と4と〜などの掛け声をかけながら飛ぶ、などでもリズム感がアップし

ます。

そしてこの縄跳びにはダイエット効果も!o(^▽^)o

縄跳びは有酸素運動です。 なので脂肪燃焼しダイエット効果があるそうです。

筋トレの効果もあり、脚痩せにも良く、腕も細くなり、全身痩せにすごく良いんだそう!

リズム感をアップしながら、ダイエット!   一石二鳥ですね。(^∇^)

次回は、色んなジャンルに出てくるリズムの事を書きたいと思います^o^

グリュックピアノ教室は子どもさんから大人の方まで、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^o^)

 

 

関連記事

年齢に応じて…

3歳のMちゃん。 少し恥ずかしがりやさん(^.^) ホームページを見て下さって、絵本の弾

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

好奇心を引き出す

5歳になったばかりの女の子  Iちゃん。 レッスンを始めてから2ケ月目。 いつもレッスン

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

何故、表現力が大切なのか

ピアノ演奏に大切な表現力。 表現力豊かな、小学校2年生のKちゃん。 幼稚園の頃から音楽付

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑