楽譜を覚える前に(大人編)

公開日: : 最終更新日:2015/01/14 出張ピアノ教室, 大人の方のピアノレッスン, 練習方法

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。

今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です。

yumi

発表会では、絵本「ちびとらちゃん」の劇をするので、物語りの場面に曲を付けています。

image

ちびとらちゃんのテーマ曲も、私が曲を作り、Mさんには歌詞を作って貰っています。

今回は日が迫っていることもあり、私が曲を付けていますが、これからのレッスンでは、ご自身で曲も作れるようにレッスンしていきます。

Mさん、「楽譜があまり読めないから弾くのが苦手なのですが、子ども達はピアノの音が大好きなので、子ども達の為にも、弾けるようになりたい」と。

子ども達の為にっていうその思いが、すごく素敵だなぁと思いました。(*^^*)

弾くのが苦手、と最初に言っていたMさん。

でもレッスンで、私が弾いてみて、真似をして貰うと、その雰囲気で弾けているんです。^_^

音感が良いことは、ピアノを弾く時に、最も大事なことだと思います。

「楽譜が読めないから弾けない」と思われている方が多いのですが、楽譜は必ず先でなくても、後からでも読めるようになります。

先ずは、弾きたいっていう気持ちが大切です。

Mさんにも、楽譜が先ではなく、今は弾いて貰うことを先決に、と考えています。

発表会が終わってからは、楽譜が速く読める方法などをレッスンし、楽しんで弾いて貰いたいと思っています。V(^_^)V

グリュックピアノ教室では、趣味で弾けるようになりたい初歩の大人の方、保育士さん、保育士になりたい方なども、出張でレッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(^∇^)

関連記事

子ども達の心に寄り添うピアノレッスンとは

5歳になったばかりのミウちゃんは、負けず嫌いで頑張り屋さん(*^_^*) 2つ違いの、

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

楽譜を読むよみ方は、子どもと大人では違う、と以前に書きました。 まず、大きなリズムボードで、リ

記事を読む

綺麗な音色で弾くコツとは

ピアノを弾く時に、綺麗な音色を出す為に大事なことは… 手首の脱力や弾く前に指を鍵盤から離れない

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

保育士さん必見です!

子ども達と絵本が大好きな保育士のMさん。 一昨日、初めてレッスンにお伺いしました。(^ ^)

記事を読む

ピアノを弾く事を楽しめるコツ

色んなものをアレンジするのって、楽しいですよね。 お料理とか、部屋のアレンジとか… 曲も

記事を読む

手の形が良くなる練習方法、ショパンの手とは?

前回に少し触れましたが、ショパンの手! で手の形が良くなる、と書きました。 どのようにし

記事を読む

嬉しい〜^o^ 生徒さんからのお手紙

生徒さんに貰った手紙で〜す。 これは1部で、もっとあるのですが… いつ貰っても嬉

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑