初歩のレッスンに大事なこととは

公開日: : 練習方法

ピアノレッスンは初期の頃から、指の形や姿勢などがとても大切です。

ピアノの椅子には浅めに座り、足台は必ず必要です。

足台で、足を踏ん張れるようにすることで、力の入り方が全然違います。

お家での練習でも、お子様の高さに合わせて、小さないす、箱や太い本などで代用し

て貰っています。

そして手首の脱力、指の形もとても重要なことです。

image

手首の脱力は、以前も書きましたが、

幼児さんにわかりやすく、お化けの手!

これで、脱力出来ます。

脱力は本当に大事で、手首が柔らかいと、綺麗な音色で弾くことが出来ます。

後々に、色んな曲が弾けるようになった時にも、余分な力を抜いて弾けることで、何

時間弾いていても手が疲れません。

指の形も、変な癖がついてしまうと、なかなか治らないので、初歩の頃からの指導

が大切だと思います。

幼児期の子ども達は真似をするのが好きです。

話していることを真似したりするのがすごく好きですよね(^^)

手の形を教える時も、「先生の真似してみて〜ピアニストの手〜」と言って、形を見

せると、上手に真似してくれます。(*^_^*)

幼児期の子ども達には「ゆっくりして見せる」これはモンテッソーリ教育で学んだこ

とですが、ピアノレッスンでも大切なことです。

グリュックピアノ教室では、絵本を使うなど、表現力をとても重要視しています。

その表現力を生かす為にも大事な、綺麗な音色を出す為に大切な、手首の脱力や指

の形の指導も、楽しみながらレッスン出来るように、心がけています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね

*\(^o^)/*

関連記事

綺麗な音色で弾くコツとは

ピアノを弾く時に、綺麗な音色を出す為に大事なことは… 手首の脱力や弾く前に指を鍵盤から離れない

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その1

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。 グリュックピアノ教室では、長所

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その3

子ども達が練習をやる気になる方法   その3 その1    練習回数を、自分で決める その2  

記事を読む

綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣

ピアノを演奏する時に大事なことは何だと思われますか? 楽譜を読むこと、リズム感なども、もちろん大切

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑