好奇心を引き出す

公開日: : 最終更新日:2015/05/24 ピアノレッスン, 練習方法

5歳になったばかりの女の子  Iちゃん。

レッスンを始めてから2ケ月目。

いつもレッスンの日を楽しみにしてくれているそうです。

特に絵本が大好きで、今日はどんな絵本か…

うさぎきつねと

鞄の中の絵本に、興味津々。

レッスンの時は、いつも楽しそうで、「もう終わり〜?」って言ってくれます。

でも、お家で練習する時は、弾けないとちょっぴり怒っているそうです。

弾けないと悔しいって思うタイプは、先々にはとことんまで練習するようになります。

お母さんも「負けず嫌いなので、もう少ししたら、自分から練習を頑張るようになるかな〜」とおっしゃっていました。(^。^)

ピアノは他の習い事とは違って、練習する事で、上達していきます。

でも、練習を自分からするようになってくれないと、大変なのはお母さんですよね(^_^;)

ピアノを練習したいと思うようになるには、ピアノが好き、レッスンが楽しい、が重要。

「好き、楽しい」という気持ちがあるからこそ、続けていける(^∇^)

上手に弾けるよりも先に、そのことが大切だと思います。

ある程度弾けるようになってきて大切な事は、楽譜を見て弾くだけの練習ではなく、疑問を投げかけて、何故、どうしてを引き出す事。

表現方法など、その子自身がどの様にして弾きたいか…

どうしてその様に弾きたいか…など、好奇心を引き出すレッスンが大事。

後は「練習をすることで上手になる」ということを、子ども達自身が気づく日を、待つことも必要だなぁと思います ^_−☆

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

関連記事

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

楽譜を読むよみ方は、子どもと大人では違う、と以前に書きました。 まず、大きなリズムボードで、リ

記事を読む

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑