綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣

公開日: : 最終更新日:2014/06/15 特別なレッスン方法, 練習方法

imageピアノを演奏する時に大事なことは何だと思われますか?
楽譜を読むこと、リズム感なども、もちろん大切なのですが、私が一番と言って良い程大事だと思っているのは、きれいな音で演奏することです。
吹田市のグリュックピアノ教室では、綺麗な音を出すことを、とても重要視しています。
きれいな音を出す? と一言で言ってもわかりにくいですよね?
ではどのようにすれば、きれいな音で弾けるのでしょうか。

それは、手首の脱力です。
余計な力を抜いて演奏する事が綺麗な音を出す秘訣です。
余計な力を抜くことは、バレエなど、色んなことをする時に必要な事ですが、これが以外と難しいのです。 特に大人になってからでは…(^^;;

でも、習い始めの幼児期なら、これが簡単に出来てしまうから不思議です。
そのポイントはひとこと…
お〜ば〜け〜の手! です(*^^*)
こう言うだけで、子ども達は脱力が出来てしまうのです。
それでもやっぱり、一生懸命弾こうとすると、肩が上がったり手首が硬くなったりしてしまうのですが、その時は、一度演奏をやめて、ぶらぶらぶら〜おばけの手!で解決してしまいます。
お家での練習でも、お母様に手首をチェックして貰って、そのようにしてもらっています。

ヨーロッパのピアノ教室では習い始めの頃から、手首の脱力は特に重要視しているようです。
これが出来ているな〜と実感出来るのは、スタッカートを弾いた時です。
手首の脱力が出来ているので、本当にきれいな音でスタッカートを弾いてくれます。

大人の方は難しいと書きましたが、私の教室の大人の生徒さんは、時間をかけて、脱力が出来るようになり、以前はピアノを弾くと肩こりがしていたのに、今は全然肩こりがなく、気持ちよく弾けます、とおっしゃていました。
脱力が出来ていると、先々に長く練習していても、腱鞘炎などにもなりにくい利点もあります。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ピアノ教室をお探しの方、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^.^)

関連記事

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

ピアノを弾けるようになる為には、楽譜を読めるようにならなければいけません。 当たり前でしょって

記事を読む

好奇心を引き出す

5歳になったばかりの女の子  Iちゃん。 レッスンを始めてから2ケ月目。 いつもレッスン

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

ピアノレッスンに必要な、質の高い絵本とは

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにもリトミックレッスンにも、絵本を使っています。

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その1

ピアノ教室は、他の習い事とは少し違って、お家で練習して貰う必要があります。 でもこの練習、特に

記事を読む

手の形が良くなる練習方法、ショパンの手とは?

前回に少し触れましたが、ショパンの手! で手の形が良くなる、と書きました。 どのようにし

記事を読む

綺麗な音色で弾くコツとは

ピアノを弾く時に、綺麗な音色を出す為に大事なことは… 手首の脱力や弾く前に指を鍵盤から離れない

記事を読む

音を聞く力がつく方法 大人編

今回は音を聞く力がつく方法  大人編です。 耳コピってご存知ですか? 私は、ホテルやレス

記事を読む

幼児期に本物の芸術を与える理由

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスン、リトミックレッスンどちらにも、絵本の弾き語りを子ど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑