練習がしたくなる様に導く方法

公開日: : 最終更新日:2015/02/04 ピアノレッスン, 練習方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。

練習することが日課になると、小学校に行っても宿題を頑張って出来るようになったり、メリットがたくさんあります。

でも、幼児さんの場合、ただ練習してきてねって言われても、なんで?(´・_・`)って感じ。

「ピアノが上手に弾けるようになる為に。」という理由だけでは、理解しにくいですよね。

練習してくるように促す為には、先ず、楽しいレッスンはもちろんですが…

宿題も楽しめる様に。

ピアノを弾けるようになるには、リズム、拍子、譜読み、表現力、色んな事が必要になってきます。

書く宿題は、これらの事が身につけるような内容です。

これらも、ただ書くだけではなく、子ども達が興味を持って楽しめる様な宿題だと、徐々にやる気になってくれます。

グリュックピアノ教室が使用している、バスティンの教則本では、子ども達が楽しく宿題が出来るように、工夫されています。

image

ピアノのを練習したくなるような環境にピアノを置く。

いつでも弾ける状態が大切。

リビングにピアノを置く事が、最適です。

お友達や、おばあちゃん達が来た時に、弾いて見せて〜と言われて、直ぐに弾ける方が良いと思います。

リビングが無理でも、足が遠のく場所ではなくて、リビングに近い場所が良いですね。

ピアノを弾くことは楽しい!と見せること。

ピアノ教師が、ピアノを楽しんで弾いて見せることも大切な事。

お母さんが弾ける場合、お母さんが弾いてあげることも大事です。

他には…

続きは、次回に書きたいと思います。

グリュックピアノ教室は、子ども達が楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。o(^_^)o

関連記事

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

アコ-スティックの素敵な音色

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。 ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

綺麗な音を出す秘訣とは

綺麗な音で弾くこと。 グリュックピアノ教室が大切にしている事です。 どうすれば綺麗な音が

記事を読む

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑