子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

公開日: : 最終更新日:2014/06/13 練習方法

imageピアノを弾けるようになる為には、楽譜を読めるようにならなければいけません。

当たり前でしょっていう声が聞こえてきそうですね(^^;;

小学生や中学生の時に、楽譜を読むのがあまり好きではなかった方は多いのではないでしょうか?

吹田市のグリュックピアノ教室では、幼児さんが楽しんで楽譜が読めるように、色々工夫しています。

この写真はリズムカードを使ってのリズムの練習です。これはみんな大好きで、リトミックレッスンでも使っています。リズム打ちを楽しんですることが出来ます。

子ども達の理解は、大人の理解の仕方とは全くといって良いほど違います。

どのように違うのか

まず、視覚の入り方が違うのです。

このリズムカードは4分音符、2分音符など音符ごとに色分けされています。それから、長さもそれぞれ違います。楽譜では同じ色なので、理解しにくいのです。

レッスンの時に毎回、このリズムカードでリズム打ちをすることで、リズムの理解がとても早くなります

いきなり楽譜で読むのは、子ども達にはとても難しいのです。

5線譜は特にそうです。子ども達には理解しにくく、なんだかたくさんの線がぐにゃぐにゃ…(⌒-⌒; )って感じです。

これを、大きな5線譜ボードを使って、楽しくゲーム感覚で覚えていく事で、音符読みが早くなります。

ある生徒さんのお母様が、「毎回、先生のレッスンを見ていたり、説明を聞いたりしているうちに、宿題や勉強を工夫して教えれるようになりました。」と言って下さいました。

いつも子ども達の視点で考える事が、本当に大事なことだな〜と思います。

吹田市、豊中市、摂津市にお住いの小さなお子様のお母さま、幼児期に楽しんで楽譜を読むことに興味があると言う方、お気軽にお問い合わせください(*^^*)

関連記事

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

移調の導入のコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩のお子様にはバスティンのピアノ教本を使っていま す。

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

子ども達が上達するコツ

ピアノ教室は他の習い事よりも、お家での練習が大事です。 でも「練習してきてね」だけではお家で練

記事を読む

出張レッスンの利点とは

小学校2年生の生徒さん、幼稚園の頃から、ピアノ演奏付きの絵本読み聞かせが大好 きで、表現力がと

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

綺麗な音色で弾くコツとは

ピアノを弾く時に、綺麗な音色を出す為に大事なことは… 手首の脱力や弾く前に指を鍵盤から離れない

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑