マンネリにならないレッスンとは

公開日: : 最終更新日:2015/03/25 ピアノレッスン, レッスン方法, 絵本を使ったレッスン

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。

そこで、気をつけなければいけないことは…

レッスンがマンネリにならないこと

子ども達は、同じ事の繰り返し、つまりマンネリを嫌います。

ピアノ教師は、マンネリにならないレッスンを心がけなければいけません。

グリュックピアノ教室では、マンネリにならない様に、次の事を気をつけています。

ワクワクさせる。

グリュックピアノ教室では、表現力を重要と考え、絵本を使ったピアノレッスンをしています。

絵本(ブレッド)

子ども達はみんな絵本が大好き。(o^^o)

次の週に、絵本が変わることで、子ども達は「次はどんな絵本だろう」と、とても楽しみにしてくれます。(^。^)

なるべく集中力を絶やさないようにする。

子ども達の集中力は、短いけれど強いです。

リズム打ち、次は譜読み、とリズミカルにレッスンを進めていける様に、心がけています。

そして子ども達が大好きな、インパクトのある大きなホワイトボードや、色付きカード等を使っています。

image

自分で考える事。

初歩の頃から、子ども達には移調して、音の色を感じて貰いたいと思っています。

最初は、5本指で出来る簡単な知っている曲などでしていきます。

移調することは、みんな大好きで、次々と自分で考えて、探してきてくれます。(^^)

移調が身につくと、音の色が分かる、表現力がつく、そして先に、♯や♭が出てきても、難なく弾けるようになります。

グリュックピアノ教室では、楽しく、集中力が高まるよう、心がけてレッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方お気軽にお問い合わせ下さいね。(^∇^)

 

関連記事

聴いて貰うことの大切さ

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。 「練習の時は、弾けてたの

記事を読む

音楽を身体で感じることの大切さ

リズム感が良い人は、体で音楽を感じることが自然に出来ています。 ブラックミュージックや、ブルー

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

楽譜がなくても曲が弾ける秘訣とは

グリュックピアノ教室では、バスティンのピアノ教本を使っています。 「移調の導入のコツとは」のと

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

子ども達ってやっぱりすごい!

秋ですね〜 セミの声が聞こえなくなり、夕方に秋の虫が鳴きだしました〜 季節を肌で感じるこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑