兄弟、姉妹のレッスン

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 ピアノレッスン, レッスン方法, 出張ピアノ教室

昨日は、吹田市垂水町にお住まいの仲良し姉妹の、初めてのレッスンでした。

小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃん。

お母様は、2人にピアノを習わせたいけれど、お仕事がとても忙しく、出張ピアノ教室を探していたそうです。

お姉ちゃんのYちゃんはとてもしっかりしていて、お母さんも、「Yがいないとダメです」とおっしゃっているくらい。

音楽大好き、ピアノ大好きで、中学生になったら、吹奏楽部に入ると決めているそうです。

妹のKちゃんもピアノが大好き。(^∇^)

朝、学校に行く前も、ヘッドホンを付けてず〜っとピアノを弾いているみたい。

性格が正反対っていうくらい違う2人。

きっちりしていて、慎重派なお姉ちゃんと、大らかで、行動派な妹さん。

Yちゃんは、Kちゃんのもう1人のお母さんって感じ。(o^^o)

姉妹の絵本

私も小さい頃から、妹の事が可愛くて仕方がなく、どこにでも連れて行っていました。

2人を見てると、なんだか子どもの頃を思い出して、癒やされるんですよね〜( ̄▽ ̄)

ピアノをどっちが先に弾くかは、取り合いになるみたいです。^ ^

こちらの姉妹の場合は、年齢も離れているし、性格が違うので、教則本を変えてレッスンしています。

兄弟、姉妹で同じ習い事をする場合は特に、教師側が、考えて、気を配ってレッスンする必要がありますよね。

ピアノを演奏するには、色んな事を学ぶ必要があります。

譜読み、リズム感、拍子、表現力、想像力、創造力などなど…

これらの中で、この生徒さんはリズム感がある、表現力がある、など、みんな得意な事が違います。

その得意な事を、それぞれ誉めてあげる。

そしてその得意な事を伸ばしてあげる事で、お互いを比べるのではなく、良い刺激になると思うんです。

私と妹も、分野は違いますが、自分の好きな仕事をしていて、お互いに刺激を貰っています。

兄弟、姉妹は、良きライバルであり、良き友でもあり、大切な家族ですね〜(*^◯^*)

 

 

 

関連記事

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑