兄弟、姉妹のレッスン

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 ピアノレッスン, レッスン方法, 出張ピアノ教室

昨日は、吹田市垂水町にお住まいの仲良し姉妹の、初めてのレッスンでした。

小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃん。

お母様は、2人にピアノを習わせたいけれど、お仕事がとても忙しく、出張ピアノ教室を探していたそうです。

お姉ちゃんのYちゃんはとてもしっかりしていて、お母さんも、「Yがいないとダメです」とおっしゃっているくらい。

音楽大好き、ピアノ大好きで、中学生になったら、吹奏楽部に入ると決めているそうです。

妹のKちゃんもピアノが大好き。(^∇^)

朝、学校に行く前も、ヘッドホンを付けてず〜っとピアノを弾いているみたい。

性格が正反対っていうくらい違う2人。

きっちりしていて、慎重派なお姉ちゃんと、大らかで、行動派な妹さん。

Yちゃんは、Kちゃんのもう1人のお母さんって感じ。(o^^o)

姉妹の絵本

私も小さい頃から、妹の事が可愛くて仕方がなく、どこにでも連れて行っていました。

2人を見てると、なんだか子どもの頃を思い出して、癒やされるんですよね〜( ̄▽ ̄)

ピアノをどっちが先に弾くかは、取り合いになるみたいです。^ ^

こちらの姉妹の場合は、年齢も離れているし、性格が違うので、教則本を変えてレッスンしています。

兄弟、姉妹で同じ習い事をする場合は特に、教師側が、考えて、気を配ってレッスンする必要がありますよね。

ピアノを演奏するには、色んな事を学ぶ必要があります。

譜読み、リズム感、拍子、表現力、想像力、創造力などなど…

これらの中で、この生徒さんはリズム感がある、表現力がある、など、みんな得意な事が違います。

その得意な事を、それぞれ誉めてあげる。

そしてその得意な事を伸ばしてあげる事で、お互いを比べるのではなく、良い刺激になると思うんです。

私と妹も、分野は違いますが、自分の好きな仕事をしていて、お互いに刺激を貰っています。

兄弟、姉妹は、良きライバルであり、良き友でもあり、大切な家族ですね〜(*^◯^*)

 

 

 

関連記事

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

大人も子どもも真似っこ演奏で上達

この間、「子ども達は真似の天才」と書きました。 これは、大人も子ども程ではありませんが、真似を

記事を読む

ピアノを弾くことで性格が分かる

体験レッスンで初めて合う子ども達。 恥ずかしがり屋さんで人見知りの子や、人懐っこい子、色んな性

記事を読む

音楽付き読み聞かせの良さとは

保育士のMさん。 2月に保育園の発表会で、ちびとらちゃんの劇をします。 テーマ曲を最初に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑