ピアノが楽しく弾けるようになる秘訣

この間、ピアノレッスンを楽しくするポイントとは、というタイトルで、幼児期から

小学校高学年や、中学に入ったばかりの子ども達の事を書きました。

今回は、そのもう少し先、中学生、高校生がピアノを楽しく弾いて貰えるポイントを

書きたいと思います。

この頃って受験などで、ピアノをやめてしまう生徒さんが多いのが現実です。

今までせっかく、練習を頑張ってきて、弾けるようになったのに、やめてしまうのは

本当に残念ですよね。(^_^;)

私たちピアノ教師は、忙しい時期だけお休みして、また再開して欲しい、生徒さんが

もし、やめてしまったとしても、また習いたい、また弾きたいと、思って欲しいと願

っています。

そのためには、以前書いた、自分の力である程度で弾けるようになること、にプラ

ス、もっと楽しめること… それは…

楽譜がなくても、弾けること、

コードがわかれば、メロディ譜さえあれば、演奏出来ます。

これが出来ると、自分の好きな曲がどんどん弾けます。

グリュックピアノ教室では、先々にコードを見て弾けるようになるよう、

習い始めの初歩の頃から、音名をA、B、Cで言えるようにレッスンしています。

image

 

それからもうひとつ、

作曲が出来ること も、楽しく演奏出来ることの1つです。

作曲に必要なのは、自分の表現を、音で表すことが出来ることです。

そのためには、コード伴奏ができることも必要です。

それから、絶対音感があると、鼻歌で考えたメロディを、楽譜に直せることが出来る

ので、簡単に作曲が出来るようになります。

このように、生徒さん達が、ピアノを演奏していることを楽しんで貰いたい!

そのためにはどうすれば良いのか、常に考えてレッスンしています。

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンをしています。

春から、障がい児の子ども達のピアノレッスンコース、絶対音感コースなども

始めました。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちしています〜(*^_^*)

 

 

関連記事

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

指先を使う事は何故良いのか

大人の生徒さん、Tさん。 クラシック音楽が大好きな、70代の女性です。 高校生の頃に学校

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

音楽と心の繋がり

グリュックピアノ教室は、楽しくをモットーとし、かつ技術的にもしっかり学んで 貰えるようなレッス

記事を読む

ピアノを弾くことで性格が分かる

体験レッスンで初めて合う子ども達。 恥ずかしがり屋さんで人見知りの子や、人懐っこい子、色んな性

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

言葉かけの大切さ

環境って、とても大切です。 ピアノに限らず、何でもそうですが… 特にピアノのレッスンは、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑