ピアノが楽しく弾けるようになる秘訣

この間、ピアノレッスンを楽しくするポイントとは、というタイトルで、幼児期から

小学校高学年や、中学に入ったばかりの子ども達の事を書きました。

今回は、そのもう少し先、中学生、高校生がピアノを楽しく弾いて貰えるポイントを

書きたいと思います。

この頃って受験などで、ピアノをやめてしまう生徒さんが多いのが現実です。

今までせっかく、練習を頑張ってきて、弾けるようになったのに、やめてしまうのは

本当に残念ですよね。(^_^;)

私たちピアノ教師は、忙しい時期だけお休みして、また再開して欲しい、生徒さんが

もし、やめてしまったとしても、また習いたい、また弾きたいと、思って欲しいと願

っています。

そのためには、以前書いた、自分の力である程度で弾けるようになること、にプラ

ス、もっと楽しめること… それは…

楽譜がなくても、弾けること、

コードがわかれば、メロディ譜さえあれば、演奏出来ます。

これが出来ると、自分の好きな曲がどんどん弾けます。

グリュックピアノ教室では、先々にコードを見て弾けるようになるよう、

習い始めの初歩の頃から、音名をA、B、Cで言えるようにレッスンしています。

image

 

それからもうひとつ、

作曲が出来ること も、楽しく演奏出来ることの1つです。

作曲に必要なのは、自分の表現を、音で表すことが出来ることです。

そのためには、コード伴奏ができることも必要です。

それから、絶対音感があると、鼻歌で考えたメロディを、楽譜に直せることが出来る

ので、簡単に作曲が出来るようになります。

このように、生徒さん達が、ピアノを演奏していることを楽しんで貰いたい!

そのためにはどうすれば良いのか、常に考えてレッスンしています。

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンをしています。

春から、障がい児の子ども達のピアノレッスンコース、絶対音感コースなども

始めました。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちしています〜(*^_^*)

 

 

関連記事

音を聞く力がつく方法 ( 絶対音感とは)

今回の音を聞く力がつく方法は… 絶対音感編です。   絶対音感っ

記事を読む

音楽の癒しの効果

音楽は無くてはならないもの。 私たちは日々音楽を聴いて癒されたり、元気をもらったりしていますよ

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

絵本は表現力の宝庫

「今日の絵本はなに?」グリュックピアノ教室の子ども達はみんな絵本の弾き語りが大好き! 絵本には

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

楽譜がなくても曲が弾ける秘訣とは

グリュックピアノ教室では、バスティンのピアノ教本を使っています。 「移調の導入のコツとは」のと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑