何故、表現力が大切なのか

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ピアノレッスン, レッスン方法, 絵本を使ったレッスン

ピアノ演奏に大切な表現力。

表現力豊かな、小学校2年生のKちゃん。

幼稚園の頃から音楽付きの絵本読み聞かせが大好きな、女の子です。o(^_-)O

最近は、Kちゃんにも、絵本にメロディーを付けて、弾いて貰っています。

恥ずかしい〜って言いながら、場面にあった面白いメロディーをつけてくれます。image

Kちゃんは、学校の国語の時間、とても表現力のある音読をするそうで、先生に褒められているそうです。

時々読んで、聞かせてくれるのですが、すごく上手でなんか引き込まれる感じ。

情景を思い浮かべながら、読んでいる感じが伝わってきます。(o^^o)

最近は、弾いている時も、自然と音楽にのって体が動いていていて、楽しそう。

今弾いている曲も、マイナー調の曲なのですが、あやしげな感じを、上手く表現できています。( ´ ▽ ` )ノここ2年No2

自分の気持ちを表現する事は、とても大切…

言葉や文字で言い表せないことってありますよね。

楽器を演奏したり、歌を歌ったり、絵を描いたりして表現する事は、心が喜ぶ感じがするんです。(^∇^)

 

作曲家は、思いを音楽で表現しています。

ショスタコーヴィチは、ソ連の有名な作曲家ですが、その中でも有名な曲。

交響曲第5番(革命)。

第1楽章から第4楽章までの中で、ロシア革命の時代の民衆の気持ちを、見事に表現しています。

夢と希望を持って生きる民衆の姿を、命がけで表現した…

勇気ある、素晴らしい作曲家ですね。

生徒さん達にも、音楽でいろんな事を、表現して貰いたいと思っています。(^-^)

グリュックピアノ教室では、表現力が豊かになる、絵本を使ったピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^ ^)

 

関連記事

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

年齢に応じて…

3歳のMちゃん。 少し恥ずかしがりやさん(^.^) ホームページを見て下さって、絵本の弾

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑