何故、表現力が大切なのか

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ピアノレッスン, レッスン方法, 絵本を使ったレッスン

ピアノ演奏に大切な表現力。

表現力豊かな、小学校2年生のKちゃん。

幼稚園の頃から音楽付きの絵本読み聞かせが大好きな、女の子です。o(^_-)O

最近は、Kちゃんにも、絵本にメロディーを付けて、弾いて貰っています。

恥ずかしい〜って言いながら、場面にあった面白いメロディーをつけてくれます。image

Kちゃんは、学校の国語の時間、とても表現力のある音読をするそうで、先生に褒められているそうです。

時々読んで、聞かせてくれるのですが、すごく上手でなんか引き込まれる感じ。

情景を思い浮かべながら、読んでいる感じが伝わってきます。(o^^o)

最近は、弾いている時も、自然と音楽にのって体が動いていていて、楽しそう。

今弾いている曲も、マイナー調の曲なのですが、あやしげな感じを、上手く表現できています。( ´ ▽ ` )ノここ2年No2

自分の気持ちを表現する事は、とても大切…

言葉や文字で言い表せないことってありますよね。

楽器を演奏したり、歌を歌ったり、絵を描いたりして表現する事は、心が喜ぶ感じがするんです。(^∇^)

 

作曲家は、思いを音楽で表現しています。

ショスタコーヴィチは、ソ連の有名な作曲家ですが、その中でも有名な曲。

交響曲第5番(革命)。

第1楽章から第4楽章までの中で、ロシア革命の時代の民衆の気持ちを、見事に表現しています。

夢と希望を持って生きる民衆の姿を、命がけで表現した…

勇気ある、素晴らしい作曲家ですね。

生徒さん達にも、音楽でいろんな事を、表現して貰いたいと思っています。(^-^)

グリュックピアノ教室では、表現力が豊かになる、絵本を使ったピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^ ^)

 

関連記事

大人と子どもの違い

大人と子どもは理解の仕方が違います。 音楽付き絵本の読み聞かせをしていても、子ども達の反応は、

記事を読む

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

音楽は調和の原点

ピアノを弾くことは、表現力、集中力、想像力など、様々なことが必要です。 その中でも、他の楽器や

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑