リズム感が良くなる方法

公開日: : 最終更新日:2015/08/30 ピアノレッスン, リトミックレッスン

リズム感。

リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。

リズム感があるとかないとか、結構みんな自分で決めてしまってるのですが、これは、意識することで、鍛えられるんです。

特に子ども達は、すぐに覚えます。

リトミックでは、音楽に合わせて動物になって歩いたり…

3拍子、4拍子を感じながら、フラフープを揺らし、それが出来たら1拍目を意識して揺らします。

即時反応では、音楽と一緒に突然止まったり…

音楽に合わせた言葉のリズム遊びも効果的。

この様に自然に音を意識することで、リズム感が養われます。

同時に集中力が高まり、聞く力もアップしてくれるんです。(^ ^)

グリュックピアノ教室では、レッスンの時、曲を弾く前にリズムカードで手拍子をしてから弾きます。

カ-ド音符

長さの違うカラーの音符カード。

これを目で見てリズム打ちすることは、目からと耳からで、拍が取りやすいんです。

image

1拍めを意識するため、1拍めは頭、2・3・4は手拍子でたたく、これもリズム感を体で捉えることが出来ます。

 

3歳のN君。

CDを聞きながら、おもちゃのギターを持って、リズムを取りながら歌ってくれます。

それも、みんなが好きな童謡とかではなく、ママが持っているCD(洋楽)の中から自分の好きな曲調を選んで…

サングラスをかけてギターの弾き真似もお手の物(o^^o)

3歳にして、自分の好きな曲調を選ぶこだわりが凄いです。(⌒▽⌒)

意識すると、リズム感が良くなるのは、大人になってからでも遅くないんですよ〜

次回は大人編を書きたいと思います^o^

グリュックピアノ教室は、子ども達が楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^_^

関連記事

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

子ども達ってやっぱりすごい!

秋ですね〜 セミの声が聞こえなくなり、夕方に秋の虫が鳴きだしました〜 季節を肌で感じるこ

記事を読む

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

音楽と数学の繋がり

楽譜を読むこと。 子ども達は、図形として形で見ることが得意です。 音符は連なっています。

記事を読む

明けましておめでとうございます^o^

明けましておめでとうございます( ^∀^) 今年もあっという間に明けてしまいました〜 年

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

no image

ピアノを演奏することで何かが活性化する?

ピアノを演奏することで、身につくこと それは… 表現力が高まる、耳が良くなる、純粋な物に

記事を読む

即興のコツとは

即興演奏 その場で、即興的に曲を創作して演奏すること。インプロビゼーション。 こう書くと

記事を読む

習慣化で上達アップのコツとは

習慣化。 大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑