リズム感が良くなる方法

公開日: : 最終更新日:2016/06/13 ピアノレッスン, 練習方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。

リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

他の楽器演奏、ダンス、スポーツにも。

リズム感を良くするコツ。

先ず最初に、身体にリズムを送り込むことが大切。

2.3歳のお子様は、ピアノレッスンに加えてリトミック的な事で、リズム感を養う事がとても大切です(^∇^)

ピアノを弾くレッスンでも、ターアーと言いながら、手拍子でリズムを取る。

足踏みをしながら、違うリズムの手拍子を打つのも効果的。

ピアノは右手と左手違うリズムで弾くので、左手で膝打ち1回に対して右手2回膝打ちをする、右手を3回、次4回と増やしていく、などの練習も必要です。

6歳のNちゃん。

njnachan2

明るくて素直な、子どもらしい女の子(o^^o)

音感が良くて、足踏みしながらのリズム打ちもすぐ出来る様になりました。

ソルフェージュで、メロディを歌いながら、他のリズムの手拍子を打つ事も、難なく出来ます。

Nちゃんは、1歳半の時にカルチャースクールの絵本リトミックの教室にも来てくれていて、その時からの生徒さんです(^∇^)

image

やはり、小さい時から、音楽に触れているので、音感も想像力もあります^o^

 

リズムは、長さが違うリズムカードを使うなど、視覚から入る事も大切。

カ-ド音符

子ども達が最初に難しいと思う、付点4分音符。

このリズムカードでタイを使うと、無理なく覚える事が出来ます。

難しいリズムは、タイを使う。

次回はタイを使うポイントについて書きたいと思います。

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です(^o^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^^)

 

関連記事

音楽と心の繋がり

グリュックピアノ教室は、楽しくをモットーとし、かつ技術的にもしっかり学んで 貰えるようなレッス

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

兄弟、姉妹のレッスン

昨日は、吹田市垂水町にお住まいの仲良し姉妹の、初めてのレッスンでした。 小学校6年生のYちゃん

記事を読む

自然に音楽と繋がる

姉妹や兄弟でレッスンさせて頂いてる生徒さんが、何組かいらっしゃいます^ ^ 年が離れている姉妹

記事を読む

初歩のレッスンに大事なこととは

ピアノレッスンは初期の頃から、指の形や姿勢などがとても大切です。 ピアノの椅子には浅めに座り、

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

嬉しい〜^o^ 生徒さんからのお手紙

生徒さんに貰った手紙で〜す。 これは1部で、もっとあるのですが… いつ貰っても嬉

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑