リンクする瞬間(読譜)

公開日: : 最終更新日:2015/12/29 ピアノレッスン

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。

これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

初歩の頃から、時間をかけて丁寧に、そして楽しく学ぶ必要があります。

グリュックピアノ教室では、ホワイトボードの大きな5線譜を使ってレッスンしています。

ふよみ

音符1つ1つを覚えること、これはホワイトボードで、ドミソシレファ、ソシレファラドなどで、子ども達はすぐに覚えます。

次に、連なった音符を横に音程読み出来ること。これは少し時間がかかります。

でも、それらがリンクした瞬間から、どんどん読めるようになっていきます。

突然リンクする瞬間があるのですが、みんな一緒ではなく、個人差があります。

読めるようになった後も大事なのですが、やっぱり常に読んでないと忘れてしまいます。

フラッシュカードで、1つ1つの音、音程読み、を確認することが大切。

5歳のNちゃん。

image

天真爛漫で、回りを明るく出来るパワーを持った女の子。(*^o^*)

私もいつも元気を貰っています(^o^)

インターの幼稚園に通っていて、もう2年生の漢字も計算も出来ちゃう。(^∇^)

お母さんのお話では、漢字も計算も、Nちゃん流の覚え方があるそうです。

やっぱり楽しく学ぶと早く覚えるみたい。

子ども達の事を、一番理解しているお母さんとのコミュニケーションは、とっても大切。

お母さんとのお話の中から、ヒントを得ながら、その子に合った進め方を取り入れています。

突然リンク!  を楽しみに、音符読みも今、Nちゃん流の覚え方を模索中ですo(^▽^)o

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^ ^

 

関連記事

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

no image

ピアノを演奏することで何かが活性化する?

ピアノを演奏することで、身につくこと それは… 表現力が高まる、耳が良くなる、純粋な物に

記事を読む

聴いて貰うことの大切さ

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。 「練習の時は、弾けてたの

記事を読む

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑