連弾で学べること

公開日: : 最終更新日:2017/11/01 ピアノレッスン

連弾。

コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。

調和が取れていないと、バランス感覚が取れませんσ(^_^;)

 

とっても仲良しな姉弟、Hちゃんと、Y君。

Hちゃんは、中学1年生の読書好きな女の子。

きちんと自分の世界を持っていて、即興も上手(╹◡╹)

Y君は、自由な感性を持っている、小学校5年生の男の子。

2人には、バランス感覚を養って貰うため、発表会だけではなく、普段のレッスンでも連弾の曲を弾いてもらっています。

仲が良いので、息がぴったり(^∇^)

でも自分の癖が出るので、相手の音を良く聞いて、その上で、表現して貰いたい、と思っています。

 

コラボと言えば、3月の発表会で、フラメンコの先生をしている友達に、ゲストで踊って貰いました(^^)

合わせを1回もする事が出来ず、大丈夫かな(^^;;と…

でも、とても気の合う、家族の様な友人なので、なんとかなりましたが…(^^;;

最後の決めでずれてしまい、合わせは大切だな〜と反省…(・_・;

 

発表会では、生徒さん達にも、お父さん、お母さんや、姉妹兄弟で連弾をしてもらいますが、連弾は、相手に合わせる事、相手の立場になる事、が大切。

ピアノを弾くことだけではなく、相手を尊重する事も学べます(^O^)

相手の立場になって、調和、バランス感覚を保ちながら、自身の表現力も養える。

1石2鳥にも3鳥にもなります^o^

来年の発表会でも、ファミリー連弾して貰いますので、お母さん方、よろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい^o^

 

関連記事

大人も子どもも真似っこ演奏で上達

この間、「子ども達は真似の天才」と書きました。 これは、大人も子ども程ではありませんが、真似を

記事を読む

嬉しい〜^o^ 生徒さんからのお手紙

生徒さんに貰った手紙で〜す。 これは1部で、もっとあるのですが… いつ貰っても嬉

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

自信がつく魔法の言葉かけとは

5歳のTちゃん、この間は、きらきら星をとても上手に弾けました〜 花マル〜!! 「

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで 3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根

記事を読む

モチベーションをアップさせる魔法の言葉とは

モチベーションをアップさせる↗︎↗︎↗︎ 「褒める」 この事は、皆さん実践されて

記事を読む

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑