レッスンに重要な教本選び

公開日: : 最終更新日:2014/11/02 ピアノレッスン

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない>

残念ながら、よく聞くお話しです。

何故、ト音記号が読めて、ヘ音記号が読めないのか?

これは、習い初めの導入期に原因があると思うんです。
image

バイエルさんには本当に、申し訳ないのですが、バイエルを初歩の教材として使っているのは日本だけです。

今は導入期の教本がたくさん出ていて、色んな他の教材を使っていらっしゃる先生方が、増えてきましたが、

私たちが子どもの頃は、導入期は必ず、バイエルでした。

ピアノを習っていた人の会話は、「私はバイエル赤で終わっちゃった、私は黄色までいったよ」

というのが多いですよね。

バイエルは、最初にト音記号ばかりが出てきます。

ヘ音記号が出てくるのはだいぶ後になってからです。

本来、読譜は、ト音記号とヘ音記号を同時に読むことが必要です

同時に読む事を初歩の頃からしていると、読譜の難しさを克服出来ます。

克服というと、辛いイメージがしてしまいますが…

《子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法 2》の所でも書きましたが、

 

image子ども達に覚えやすい楽しい方法で覚えると、読譜は苦痛では無くなります。

ピアノは楽譜が読めないと、楽しく弾けませんよね。

 

そしてもう1つ、バイエルは、最初にハ長調ばかりで、他の調がなかなか出てきません。

その事で、♯、♭アレルギーになってしまいます。

そうなると、楽譜を読むことの妨げになります。

 

つまり、初歩の大事な時期に、どんな教本を使うか

image

これは、とても重要な事です。

 

グリュックピアノ教室では、子ども達が楽しく楽譜を読み、楽しく演奏出来るように、バスティンのピアノ教本を使ってレッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

 

関連記事

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

習慣化で上達アップのコツとは

習慣化。 大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

記事を読む

音楽は心の処方箋

今日は、レストランで演奏の仕事でした。 こちらでは、誕生日と、ご結婚記念日の方に、リク

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

明けましておめでとうございます^o^

明けましておめでとうございます( ^∀^) 今年もあっという間に明けてしまいました〜 年

記事を読む

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

オーストリアの素晴らしい楽譜

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^; オーストリアに行ってました〜(⌒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑