手首から音楽が…

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 ピアノレッスン

手首の脱力、ピアノ演奏に最も大切な事。

手首は1度硬くなってしまうと、柔らかくなるのに時間がかかるので、最初が肝心。

グリュックピアノ教室では、子ども達のレッスンで楽しみながら、「お化けの手」を意識して、手首の脱力を促しています。

image

この間、シンフォニーホールへ音楽会に行ってきました〜^o^

指揮者は大好きな井上道義さん。

sinnfony

手首の滑らかな動き、立ち姿、表現力など、本当に素敵なんです〜(≧∇≦)

曲目も、ベートーヴェン、モーツァルト、ドボルザークと、大好きな曲ばかりでした〜( ̄▽ ̄)

はあ〜至福の時〜  心が洗われました〜♪───O(≧∇≦)O────♪

指揮者も手首、とっても大切ですよね。

妹は小学生の頃、指揮者の手首から、音楽が流れていると思っていたみたいです…(^_^;)

じゃあ、前にいる演奏者は飾りか!と突っ込みたくなりますが、それ程、指揮者の表現力に魅了されていたのか…??

オーケストラの演奏は、指揮者で全くと言っていいほど変わりますよね。

全楽器の音のバランスを聞き、曲をまとめあげる指導はもちろんですが、やっぱりカリスマ性。

人間的にも素晴らしい指揮者に対して、楽団員は「この人の言うことなら聞きたい!」「この人のためにもいい演奏で答えたい!」と思われるようです。(⌒▽⌒)

その調和が、私達を感動させてくれるんですね〜

グリュックピアノ教室では、技術的な事も、表現力も、楽しみながら学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市の東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^。^)

 

 

 

関連記事

オーストリアの素晴らしい楽譜

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^; オーストリアに行ってました〜(⌒

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

コードネームと譜読みの関係とは

皆さん誰もが知っている、「ドレミファソラシド」これは、実は… イタリア語なんです🇮🇹 日

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

子どもは大人の父である

レッスンで子ども達と接していると、なるほど〜と教えられる事が多々あります。 グリュックピアノ教

記事を読む

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

感覚を育てるレッスン

『季節感の大切さ』 ホテルやレストランでの演奏、リトミックや、デイサービスでの音楽ネタ、レッス

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑