叱ると怒るの違い

公開日: : 最終更新日:2015/12/03 ピアノレッスン, 幼児教育

「叱る」「怒る」

辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

違うのではないかと思います。

叱る

相手の事を思って叱る。つまり、相手をより良くしようとする注意やアドバイスですよね。

子ども達に対してや、部下に対して、相手の事を想いやって、厳しめに言葉をかけること。

image1

叱る場合は、1対1で叱る方がその子(人)の為になりますよね。

大人の場合だと特に、みんなの前で叱ると恥をかかせてしまい、せっかくのアドバイスも素直に聞けなくなってしまいます。σ(^_^;)

これに対して…

怒る

感情がむき出しで、腹を立てることですね。

image

 

怒鳴る、なども同じだと思うのですが、相手の為ではないのかも。

愛があるのが叱る、愛がないのが怒るではないかと…

愛と怒るの字をみても、心の位置が違いますよねσ(^_^;)

 

ピアノのレッスンで、怒るはもちろん、叱ることも、よっぽどの事がない限りありません。

でも、お母さん達や、保育士さん達は怒りそうになる時があると思います。

 

その時に「これは怒るか叱るか」と考えてみる余裕を持つと、自分の事を客観的に見れるかもしれません。

私の母は、怒ることが殆どなかったですね〜(^∇^)

諭すように叱られたことはありますが…

保育士をしていた時もモンテッソーリの園に勤務していたので、教育方針的に、静かに叱る、という感じでした。

部下など、大人の場合は本当に難しいとは思いますが、相手を思いやっての助言は必ず通じると思います(^ ^)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったレッスンを心掛けています(^o^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい(^^)

 

関連記事

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

アコ-スティックの素敵な音色

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。 ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

リズムの重要性とは

《リズム》 音楽にはなくてはならないもの。 初歩の頃に、リズムを学ぶことは、先々のリズム

記事を読む

子ども達が上達するコツ

ピアノ教室は他の習い事よりも、お家での練習が大事です。 でも「練習してきてね」だけではお家で練

記事を読む

音楽は調和の原点

ピアノを弾くことは、表現力、集中力、想像力など、様々なことが必要です。 その中でも、他の楽器や

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

年齢に応じて…

3歳のMちゃん。 少し恥ずかしがりやさん(^.^) ホームページを見て下さって、絵本の弾

記事を読む

癒しが大切な理由

癒される… 人によっても違うと思いますが、やはり音楽は最適ですよね(*^^*) 生徒さん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑