Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ピアノを弾くことで性格が分かる

公開日: : 最終更新日:2016/02/15 ピアノレッスン, 幼児教育

体験レッスンで初めて合う子ども達。

恥ずかしがり屋さんで人見知りの子や、人懐っこい子、色んな性格の子がいます^_^

icica

初対面でも、ピアノをちょっと弾いて貰ったら、性格が分かります^o^

慎重派なのか、直感型なのか…

完璧主義派なのか、それとも楽観的なのか。

大人の方でもそうですね(^^)

ミンケパット

それが分かることはとても大切。

教材の選び方、レッスンの進め方なども考慮出来ます。

時々、あれっ今日はなんか違うな〜と思った時は、「学校でなんか嫌なことあった?」と聞いてみると…

性格によって言う子と言えない子、様々ですが、言えない子でもなんとなく分かりますよね(*^_^*)

言えない子は特に、聞いてあげる事で、分かって貰ってるのかな〜と心を開いてくれます。

子ども達は、少しのことでも心のバランスをくずしがち。

image

特に、幼稚園から小学生時代。

環境の変化や、お友達との関係で不安になったり…

 

こだわりが強くて、意志が強いんだけど、実は神経が細いSaちゃん。

幼稚園に行くのを嫌がっていたみたいで、ちょっと情緒不安定だったんです。

お母さんも心配していて、何か原因があるとは思っていたのですが…(´・_・`)

やっぱり幼稚園の出来事で、原因がありました。

詳しくは言えませんが…

それを聞いた時、1クラスの人数が多過ぎるのか、もうちょっと先生が見てくれていたら…と思ってしまいました。(・_・;

幼児期は本当に大切な時期。

この時期の子ども達が毎日通う幼稚園。

1人担任で、園児は20人以上というのは、多すぎるのかもしれませんね>_<

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを、心掛けています(^∇^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^-^)

 

 

関連記事

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

自信がつく魔法の言葉かけとは

5歳のTちゃん、この間は、きらきら星をとても上手に弾けました〜 花マル〜!! 「

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

癒しが大切な理由

癒される… 人によっても違うと思いますが、やはり音楽は最適ですよね(*^^*) 生徒さん

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

曲を作る基本

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。 初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑